私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミヤ1/350重巡洋艦「最上」(1943→1944.10)の製作(6)
 最上の現況です。

 
 飛行甲板の裏側の梁の作り替えが終わりました。面積が広く手間が掛かりましたが、考えている通りにできました。

  
 船体に付けると裏側はこのように見えます。


 艦尾甲板は航空機の予備の翼を収める棚や予備のフロートが置かれていたようです。棚は部品にないので作りました。翼はプラ板です。資料からは今一つはっきりしませんが、棚を置ける場所は写真の付近しかないようです。フロートはアオシマの高雄型重巡の部品です。

 この付近をもう少し詰めてから、船体の塗装に掛かります。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。