私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(29)
 また1週間が過ぎましたので、現状報告します。


 艦橋の背面の両サイドに高射装置の塔があり、それをつなぐ連絡通路が艦橋の端に接しています。42年当時は艦橋背面に信号所の張り出しが2つあり(①が碇泊時用、②が航海時用)、それぞれをつなぐラッタル(階段)がありました。


 組立と塗装が終わった写真です。連絡通路には張り出しに上下に行くラッタルと、下に降りる垂直梯子があります。この周辺はキットの44年当時と最も形が異なる部分で、また位置関係を合わせるのが非常に難しい場所でした。


 煙突と後部艦橋も塗装して取り付けました。それぞれの位置が確定したので、後部マストの製作に取り掛かります。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。