私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(21)
また1週間が過ぎましたので現状報告します。

 
 前回製作途上だった後部艦橋はこの通りできました。後部艦橋の見張り所の天蓋は塗装後に付けます。後部艦橋側面の窓は楕円状に見えるため一旦埋めた上で開け直しました。


 副砲はキットの1944年の状態では数が減らされていたため、42年当時とする場合は部品が足りません。加えてキットの副砲の部品はやや背が低く船体との間に隙間が出る上に正面の窓の形も良くないため、修正を加えたものを2個作った上でシリコンゴムで型を取り、レジンを流し込んで複製して作りました。

 
 副砲の砲身は金属部品ですが、上記の理由で金剛用の専用部品はいずれも入数が足りないため、ハセガワの戦艦長門用のものを用いています。厳密にはややサイズが異なりますが、1/350の縮尺では誤差の範囲内に収まるようです。


 船体の副砲用の取り付け穴もサイズが微妙に合わないので調整しました。

 
 現在は主砲の製作に入っています。ハシゴのモールドを削ってエッチングに置き換えることと、金剛型特有の測距儀天蓋の廃熱孔の表現が省略されているため、部品の上面を削って付け加えています。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。