私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(19)
 また1週間が過ぎましたので、現状報告します。


 煙突前部の探照灯塔と両舷にある高角砲測距儀塔が組み終わり、第一煙突に取り掛かっている所です。探照灯塔は画像左手前と中央上が探照灯台、中央下が増設機銃台、左奥が機銃射撃指揮装置用の張り出しになります。

 これらの台には相互に人員が行き来していましたが、ラッタル(階段)や通路の取り付け方法は資料によって記述が異なっているようです。
             探照灯台
              |垂直梯子
   探照灯台_通路_射撃指揮装置
 垂直|           /ラッタル
 梯子|   増設機銃座

 この製作ではこういう解釈になっています。


 左右の高角砲測距儀塔は、キットのモールドは甘い上に一部誤っているためほとんど作り直しました。支柱側面の部品だけは使えたので厚さを半分以下に削り、残りをプラ板と真鍮線などで組みました。測距儀と高射装置はハセガワの武装セットのものを用いています。

 測距儀塔には相互の連絡通路がありますが、艦橋と関連する部品なので後で作ります。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。