私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(17)
 また1週間が過ぎましたので経過報告。

 が、その前に、前回の艦橋上部で測距儀をレーダー室がないタイプとして示しましたが、これは私の思い違いで、製作の設定時期である1942年10月には既にレーダーが装備されていました。ここは艦橋を塗装組み上げる時に直します。

 
 現状は船体中央部の中央構造物甲板と、その上に乗る後部高角砲甲板の修正がほぼ終わったところです。キットの部品から原形が残っている方が少ないという、なかなかキビシイことになりました。

 まず艦首側(画像右半分)の、艦載艇が載る部分の平面型が1944年と42年では異なるため、プラ板を貼って修正し、その上にエッチングの滑り止めを貼り込みました。その下側の船室の形状はまるで異なるため全て作り直しました。高角砲甲板が付く部分に下の船室への明かり取り窓があるため、余りのエッチングを貼って処理しました。


 後部高角砲甲板の取り付けは、キットの表現では2番煙突(画像左側の楕円状に長方形の穴が4つ開いている部分)付近が0.5mm程度高くなり、また高角砲甲板の底にも0.5mm程度の取り付け突起があって、その二点で中央構造物甲板から段差が付くようになっています。段差そのものは正しいのですが、資料や図面では2番煙突の基部が高くなっているようには示されておらず、またこの方法では間に隙間が開いてしまいます。構造上まずあり得ないため、一旦2番煙突付近を平らに削った上で、中央構造物と高角砲甲板のそれぞれ当たる部分に0.5mmプラ板を貼って段差が出るように変更しました。


 後部高角砲甲板は底板が1.2mmぐらいあってぶ厚く、ブルワーク(外側のついたて)の外側の高さは図面通りなので、結果としてブルワークの内側や後部の船室の高さが足らず高角砲が飛び出ているように見えてしまいます(キット付属の高角砲が異常に背の低い部品になっていたのはこの点に対する配慮と考えられます)。そのため、底板を一旦切り落として0.13mmのプラ板を貼り、更にエッチングの滑り止めを貼り込んで処理しています。元の部品の画像データを誤って消してしまったために比較はできませんが、これでバランスがかなり良くなりました。また、後部の形状も図面とは異なっているようなので、プラ板を貼って修正しました。


 キットは中央構造物甲板の前端と艦橋の関係がかなり曖昧になっています。図面では艦橋背面の傾斜に合わせて接しているように見えるため、そのように変更しています。 また、キットは四角く盛り上がっている部分の前半分、兵員待避所が付く部分が2mmほど外側に広がっていますが、1942年頃はこの部分は画像で示したようにストレートになっているため、そのように修正しました(44年当時の状況は資料がなく良くわかりませんが、ここを削らない限り艦載艇の架台が構造物甲板からはみ出してしまいます)。同じく後ろ側も第1煙突に接する所まで伸びていますが、図面上はどうも違うようなのでカットしました。


 主な部品を乗せてみたところです。艦載艇は以前に作りましたが、後で資料を読み返したところ1942年当時はまだ17m水雷艇(無塗装の部品)が少なくとも1隻は残っていたようなので、後で組み立てて11m内火艇と取り替えることにします。艦載艇は図面通りに、架台もはみ出さずぴたりと収まります。

 中央構造物甲板はこの他にも後部艦橋付近の側面の吸気口追加、後部艦橋後端付近の形状なども図面と異なるようなので修正しています。


 船体中央甲板に四角状に付いているのは缶室吸気口ですが、長さが足りない上に吸気口正面のネットの表現がありません。ここは中央構造物甲板が入り込む部分なので、吸気口が付く部分の側壁を一部削り落とし、自作した側壁と入れ替えるという手段を取りました。


 中央構造物甲板との関係はこうなります。

 これからこの甲板の上に乗るものを作ります。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。