私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(15)
 また1週間が過ぎましたので、現状報告。



 ちょうど前回書いた照射指揮所の下まで修正が終わった所です。照射指揮所の下は戦闘艦橋で、キットにはこの窓の上下に大型の遮風柵が付きますが、1942年当時には無かった装備なので取り外します。ところが遮風柵を外すとひさしが付く上側の部分が0.5mmほど合わなく(足りなく)なります。そのため照射指揮所の部品の前面に0.5mmプラ板を貼って窓の上下を合わせています。



 下部見張所と戦闘艦橋の後部は、キットでは兵員待機所の上に機銃台と後部補強桁を付けるようになっていますが、1942年当時は兵員待機所がないためこの部分は作り直しになります。具体的にはまず下部見張り所の背面中央に海図室を作り、後部の補強桁をプラ板で作り直してその下側に同じく作り直した機銃台を付けました。



 艦橋は残りあと3ブロックになりました。この部分は最上部の防空指揮所の平面型を修正して背面の信号用ヤードを作り直すだけなので、今週中にはメドが付くと思います。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。