私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(14)
 また1週間が過ぎましたので、現状報告。



 羅針艦橋まで形になり、今はその上の下部見張所~照射指揮所でのブロックをひとまとめで処理しているところです。羅針艦橋には他に張り出しや内部の計器などがありますが、まずは艦橋全体の形を整えてから、改めて細部の調整を行うつもりです。



 このセクションでは機銃台の上に後部補強桁を立て、その間に戦闘艦橋の甲板を通して3本の支柱を通す組立になっています。しかしながら部品の合いが微妙に合わない事に加え、複雑な組み合わせにもかかわらず戦闘艦橋の位置を決めるためのガイドがないため、その位置が上手く決まりません(戦闘艦橋底と下部見張所天井の位置関係すら底のモールドの一部を削って調整しないとぴたりとはまりません)。

 加えて1942年当時は機銃台下の兵員待機所はなく、後部補強桁は羅針艦橋の天井まで伸びていて、そこと斜めの支柱との間に機銃台が付く形状になります。したがって、支柱と戦闘艦橋の位置をまず決めて固定した上で後部を作り直します。



 戦闘艦橋と2本の支柱の位置を決めました。後部の修正はこれから取り掛かります。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。