私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(11)
 更に一週間分の経過。航空機作業甲板上のモールド作りで過ぎました。



 金剛の航空機作業甲板の運搬用の軌条は、他の戦艦とは若干形状が異なるようです。はしごのエッチングの上端に0.2mm真鍮線をハンダ付けしてそれらしい形にしています。回転盤は鳥海用に買っていたライオンロアの高雄用エッチングセットから一部修正の上で流用しています(鳥海では不要部品になるので大丈夫です)。



 カタパルト(航空機射出機)は手持ちのエッチングの余りの中から、ゴールドメダルの1/350大和武蔵用のものが一番良く見えるのでこれを使っています(形式違いで大和型戦艦には使えなかったものです)。ただし、上面だけはフジミの金剛専用エッチングの部品の方が表現が良いので切り取って貼り付けています。また1/350では中身も作らないと寂しいので少し手を加えています。



 艦載機の運搬車は台車と台を別にして回転できるようにしてあります。最終的には角度を決めて固定しますが。エッチングは台車まで一体化されたものが多いのですが、金剛は3番主砲の両サイドの運搬レールに回すとき艦載機を横向きに回転して留めている姿が写真から読み取れるので、角度を変えられるようにしてあります。



 作業甲板下の撤去された副砲の復旧はこれから行います。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。