私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(10)
 更に一週間分の経過。今週は後部甲板回りのモールドの調整で過ぎました。



 航空機作業甲板もモールドが甘いので一旦削り落とします。通風口はプラ板+メッシュ、またタンクの間の天窓は表現が間違っているようなのでこれも作り直します。作業甲板上の回転板はアオシマ鳥海用に買っていたライオンロアの高雄用エッチングセットから流用(鳥海には回転板がいらないので大丈夫です)するつもりです。作業用レールは実物の写真を見ると少し背の高く足の間隔も狭い独特な形をしていたようなので、これはメッシュを切って付けることにします。







 甲板上のハッチは4つ程開けた状態にします。これはホワイトエンサインのハッチとライオンロアのラッタル(階段)のエッチングパーツを組み合わせて作ります。約2.5mm×4mmとかなり小さな部品ですが、両社のパーツ共に表現力は素晴らしいものです(組み立てはタイヘンですが)。得てして異なるメーカーの部品を組み合わせると同じ縮尺でも寸法が合わない事がありますが、幸い両社のパーツはぴたりと合います。この開状態のハッチは非常に細かく壊れやすいので、完成直前に甲板に差し込んで仕上げます。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。