私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(8)
 船体の貼り合わせと修正が終わったら、船底に展示ケース固定用のナットを接着固定し、作業用の台と展示ケースの台に位置を合わせて穴を開けてビス留めできるようにしておきます。



 今回はハセガワ長門用のアクリルケースを用います。船の大きさそのものには大差がないので流用しても何の問題もありません。ハセガワのケースは市販の他のアクリルケースと比べてやや割高ですが、台座が木製なので高級感があります。

 1週間分の進捗状況。



 艦首のステップはキットのモールドを削って真鍮線で作り直し。ややオーバーモールド気味ですが船自体が大きいのでそれほど気になりません。艦首の底に張り出しているのはパラベーン操作索の取り付け金具で、キットのモールドは分厚い上にキレもないので金属板で作り直しています。



 艦尾はキットの部品のスクリューシャフトを切り落とし、1.5mm真鍮線を通してシャフトとします。こうする事によってシャフトブラケット回りの強度が高くなります。シャフトブラケットの部品は船体への取り付け板が分厚いので削って薄くしています。ブラケットの近くに並べて貼ってあるプラ板はプロペラの先端を腐食から守る保護亜鉛版で、金剛の並び方はわかりませんが、建造中の霧島の写真でこのように見えるのでそれに従って作りました。船尾にあるステップは艦首と同じく真鍮線で作り直しています。



 これで船体に関係する組立と修正がほぼ終わりました。作業台に乗せてみると船体だけでもなかなか格好良いスタイルで、高速が出そうです。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。