私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジミ1/350戦艦「金剛」の製作(5)
 先週はいろいろ多忙で艦載機の工作はここまでしかできていません。



 1942年の金剛には零式三座水偵が1機と零式観測機が2機搭載されていたと言われています。フジミのキットには零式観測機が付くようですが、見本写真を見る限りでは実物写真の形にあまり似ていない上に、透明パーツで加工も自由にできないようなので、三座水偵ともどもアオシマ鳥海に付いている部品を使うことにしました。

 アオシマの部品は形はよく似ているのですが、翼が板のようにぶ厚いので削って薄くしています。また1/350ということで、コックピットの内部もくり抜いたり少し手を加えています。

 フジミの金剛は今週中には店頭に並ぶようです。買うのは週末になりそうですが、それまでにこの艦載機を片付けておきます。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。