私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

1/700アオシマ「蒼龍」(1941)の製作(12)
製作が終了しました。

 
蒼龍は日本海軍が建造した5隻目の航空母艦で、赤城や加賀といった改造空母での試行錯誤を経た実用性の高い近代的な中型空母でした。太平洋戦争では南雲機動部隊の一艦として活動しましたが、昭和17年6月のミッドウェー海戦で爆撃を受け生涯を閉じました。模型は艦爆の神様と謳われた江草隆繁少佐が率いた真珠湾第二次攻撃隊の状態を示しています。

アオシマのキットです。

基本はフライホークとフジミの蒼龍用エッチングセットを使用
飛行甲板もフライホークのエッチングを使用
艦橋上部の形が違うようなので修正
高射砲はピットロードの新艦船装備セットより使用
機銃はファインモールドのナノドレッドを使用
艦載機の脚や風防枠等はフライホークとレインボーモデルのエッチングより使用
一部の装備品はレインボーモデルのエッチング他各社部品から流用
甲板は全て塗装で表現しました
船体の外板も表現しました


製作は一部フジミのエッチングの摺り合わせと、飛行甲板のエッチング部品の導入に伴う格納庫のかさ上げに手間取った以外は、それほど大きく替えたところはありません。蒼龍は設計図面や写真があまり残っていないので、全体のおおまかな形以外は今もよくわからない部分のほうが多い艦です。細部は準同型艦の飛龍を参考にして組み立てました。


蒼龍のメインマストは起倒式で、飛行甲板上に艦橋がある航空母艦で固定式でないのはこの艦と加賀の二艦だけです。航空機が離陸するときには倒していたと考えられますが、実際どうだったかは写真が残っていないのでよくわかりません。加賀には斜めに倒している写真があるのでこれに従って完全には倒さず斜めに留めました。


緑に塗装した99艦爆が江草少佐機と言われている機体ですが、これは写真や映像や公式記録が残っている訳ではなく、江草少佐もペアの搭乗員も共に戦争中に戦死されているため、関係者の記憶を元にしてこういった塗装が伝えられているようです(この機体に関しては真珠湾攻撃時ではなく別の時期ではないかとする説もあります)。他の99艦爆についても真珠湾攻撃の時には全機上面緑色だったとする資料がありますが、大戦中の蒼龍機を示す写真などが存在しないので真偽はわかりません。艦載機は一般的に真珠湾攻撃当時の塗装とされているものに従いました。

いつものように改めて写真を撮って週中頃くらいにヤフーボックスに追加します。

当工房はこの蒼龍の製作を以て一旦活動を休止します。挨拶はまた改めて書きますが、再開は今のところ2017年夏以降の見通しです。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ