私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオシマ1/350「摩耶」(1944)の製作(17)
今週の進捗状況です。

  
艦橋前の機銃台を作りました。機銃台はフライホークの専用エッチングの部品です。塗装の関係で艦橋と機銃台はまだ接着していません。艦橋周りの作業はこれで一段落できました。塗装後に望遠鏡等光学機器と信号燈手旗信号台等を付けて仕上げます。


機銃台の側面の所々に何かを丸めたような装備品があります。これは大改装後の艦橋付近を撮った写真に写っているもので設計図面を見るとこれらの装備品の場所が機銃の薬莢排出口の位置に一致します。

機銃も銃の一種なので弾丸を発射する度に薬莢が排出されます。撃ち続けると空薬莢が機銃の周辺に溜まって操作の邪魔になるので随時機銃台の外に出します。艦上に散らばった空薬莢はアメリカの軍艦では戦闘終了後に海に捨てていましたが、資源に乏しい日本は回収して再利用していたようです。以前製作した空母龍鳳には機銃台の下にそれを回収するための区画がありました。

それで摩耶のこの装備品は空薬莢の回収袋が丸めて取り付けられたものではないかと考えました。余りのエッチングとプラ棒からそれらしく作った部品を各機銃台の排出口の位置に取り付けました。船体中央部の機銃台にも同じものを取り付けます。

作業は航空機甲板に移っています。来週はそのまとめと船体の細々とした作業が中心です。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。