私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオシマ1/350「摩耶」(1944)の製作(14)
今週の進捗状況です。


艦橋の大体の形を作りました。


前回の記事の最後に述べた増設機銃座の上の見張り台の構造ですが、設計図面上では左の画像の赤矢印のように左右両側に同じものが描かれています。しかしながらこの近辺は部分的に実艦の写真が残っていて、それに近い角度で模型を撮影すると中央の写真の赤矢印で示したように見張り台が写るはずです。ところが実際の写真では右の写真で示すように左右両方共に全く写ってなく奥の見張り装置が根元まで見えています。見張り台のついたてが手すりの可能性や形状などいろいろ考えてみましたが、見張り台そのものが左右共に存在しなかったと判断して取り除きました。


キットの防空指揮所①は極端な上げ底で人が立つと転げ落ちてしまいそうだったので、一旦底の部分を削り落としプラ板で屋根の構造を作り直しました。後方の発射指揮所の壁②がキットは欠けていたのでプラ板で継ぎ足しました。


主砲指揮所の両脇に付く22号電探用の張り出しがキットに無いので付け加えました。設計図面には取り付け位置だけが示されていますが、写真やより詳しい構造図が残っていないのでどういう支持構造だったかは想像するしかありません。


艦橋のてっぺんにも見張り台があります。鳥海を作ったときはキットの表現のままとしましたがここも上げ底の感じで人が立つと転がり落ちてしまいそうです。この部分の詳しい構造は判らなかったので、見張り台の床を屋根の天蓋の位置ではなく、一旦削った上でプラ板を貼り屋根の底の位置を床としてメリハリを付けさせました。また通風筒②が省略されていたのでプラ材などで加えました。天蓋の滑り止めと手すりはフライホークの専用エッチングの部品です。

来週は前マストを製作し1番煙突の残りと艦橋の細かい表現を加えます。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。