私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオシマ1/350「摩耶」(1944)の製作(11)
今週の進捗状況です。


船体中央の機銃甲板を中心に表現を加えました。

 
摩耶の機銃甲板はキットの部品は一直線ですが設計図面上は中央部が若干高く段差が付いています。段差は直下に缶室からの自然吸気筒が立っているためで、キットはそれがほとんど再現されていないので一直線でも不具合がない訳です。部品の加工は後部の位置関係を修正した関係で難しいためプラ材で作り直して脚の部分のみ移植し、裏側にエッチングのサポートを加えました。中央に立っている部屋は魚雷戦の予備指揮所です。


缶室や機械室の吸排気口もキットは表現が弱かったり無かったりで追加しました。


機銃甲板の下にある構造物は下が高射砲/上が一般のそれぞれ兵員待機所です。戦争末期になるとどの軍艦も高射砲や対空機銃が隙間無いほど増設されていきましたが、兵器が増えるに従ってそれを操作する人員も増え敵の急襲に備える目的もあってこのような特設の待機所がいたる所に作られるようになりました。キットには上側の部品も機銃甲板と一体化する形で付いていますが、形状がいま一つなのでプラ材で作りました。

  
船体中央部の4基の高射砲台座は艦首側(画像右側)の3・4番砲は平面型が違い、艦尾側(左側)の5・6番砲も船体内側に入る部分の平面形が若干違うので共に作り直しました。高射砲兵員待機所の3・4番砲の台座に接している部分も若干形が異なるので修正しました。



今年の更新はこれで終わりです。数年来の懸案だった赤城がやっと終わった他は1/700が2隻と思ったほどには作れませんでした。作りたい船は沢山ありますが時間が追いつかないのがなんとももどかしい思いです。

来年の見通しとしては、1/350は摩耶が早くてもあと2ヶ月程度、その次は航空母艦を一隻と大和の順で考えています。ただし目を引くような新製品が出るようならば変更するかもしれません。1/700は中断中の瑞鳳までは作りますがその後は1/350の合間に作れるようならば作ります。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。