私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオシマ1/350「摩耶」(1944)の製作(4)
今週の進捗状況です。

 
高射砲を6基作りました。装備数は日本重巡中最多でまるで戦艦並の重武装です。

 
3連装機銃は13基作りました。これは設計図面とマリアナ沖海戦後の兵器調査記録の両方で一致している数字で、更なる追加増設は行われなかったようです。

 
単装機銃は25mm×27基+予備3基で30基作りました。当時の乗員の戦記には25mmに加えて13mm機銃×36基とありますが、マリアナ沖海戦後の兵器調査記録には25mm単装機銃が海戦前8基+海戦後増設10基の計18基、追加設置できるよう機銃の台座だけ設けた箇所が9基分、13mm機銃は0となっています。

それでマリアナ沖海戦を経てレイテ沖海戦に参加した他の重巡の記録を見てゆくと、どうも25mmを24~28基前後搭載し13mmが0の艦が多いようなので、台座を設けた部分全てに25mm機銃が追加実装されたと考えて計27基、13mm機銃は装備無しと判断しました。防弾盾はマリアナ沖海戦当時の写真には装備されていないように見えるため今回は付けませんでした。

 
機銃の弾薬箱は2種類作りました。背の低いものと背が高くて開いているものはベテランモデル・背が高く閉じているものはフライホークの部品をそれぞれ使い、多目に作りました。高射砲の弾薬箱は調べることがあるので後回しにしました。

これで砲関係の部品が揃いました。来週も装備品の製作を続けます。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。