私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/700ピットロード「龍鳳」+ハセガワ「瑞鳳」→「瑞鳳」(1944)の製作(1)
次の1/700は空母瑞鳳をレイテ沖海戦の状態で作ります。キットはハセガワから出てはいますが内容があまり良くありません。艦首から艦前半部の形が実物の特徴を捉えてなく、艦首甲板の高さが実際より高いために上の船室が寸詰まりでバランスに欠けます。機銃座などの張り出しも船体と一体化されていますが、修正しようにもハセガワのプラは固くて容易に削れません。

前回製作した龍鳳と瑞鳳は元々同じ型の船として作られる予定でした。ところが龍鳳の建造で当時まだ未熟だった溶接技術を全面的に取り入れた結果船体に不具合が続出したため、設計を改め若干小さな船になりました。しかしながら1/700で比較すると艦の前半部の形状は非常に似ており、船体のバルジを取り去った幅や喫水線から飛行甲板までの高さも同じで船体の長さと艦尾の形が違うだけです(資料の中に瑞鳳の船体最大幅が龍鳳より2mほど狭いとする文献がありハセガワのキットも幅が狭いのですが、図面等を検討するとどうも両方共にほぼ同じ幅のようです)。武装や各指揮所の配置もよく似ています。
 
(画像は共に手前がハセガワ1/700瑞鳳、奥がピットロード1/700龍鳳の船体)

それで瑞鳳の製作はハセガワのキットをどうこうするよりも、前半~中央部の形状が似ている龍鳳の船体にハセガワの艦尾を移植するほうが近道と判断しました。龍鳳はフジミとピットロードから出ていますが、このような大規模な改造の土台に用いるには船体左右張り合わせのフジミより一体部品のピットロードのほうが適しています。またピットロードは船体に一体化した彫刻がほとんどないのでこれも改造の土台には好都合です。

この製作では船体はピットロードの龍鳳(長甲板)にハセガワの瑞鳳の艦尾を付け替えて作り、飛行甲板はフライホークのエッチングに手を加えたものを使用します。機銃座などは自作し兵器装備品はピットの部品を使います。その他細かいエッチングなどはフジミの龍鳳用を主に用います。

瑞鳳の資料は完成当時とレイテ沖海戦の鮮明な写真がありますが、設計図面は断片的にあるだけで船の全体を示したものは残っていないようです。おおまかな船内配置を示した図はあるのでこれと写真を突き合わせて外側の表現を作り、解釈できない表現は龍鳳に合わせることにします。

製作はやや進んでいます。続きは次週書きます。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。