私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピットロード1/700航空母艦「龍鳳」(1944)の製作(1)
1/700は航空母艦龍鳳をピットロードのキットとライオンロアの専用エッチングの組み合わせで普通に作ります。フルハルの部品も入っていますがウォーターライン仕様とします。終戦まで生き残った船なので写真は割と多くあり、船の全体を表した設計図面も残っているので赤城ほどは悩まずに作れます。龍鳳はフジミからもキットが出ていてこちらの方がはるかに修正しなくて済むのですが、次の製作予定との関係でピットを選択しました。


製作は既に進んでいて全体の形ができています。


実物は船体の甲板の一段目と二段目の境目に角が立っていますがこのキットには表現がありません。どうも二段目にかぶさる部分の幅が若干狭いようで目立つので直しました。舷外電路の彫刻がありますがこの船には無いので削りました。舷窓の並びも異なるので一旦全て削って埋めました。


右舷後部機銃座の表現が設計図面や写真と比較してどうも違うようなので直しました。機銃の間の上側の凹みは飛行甲板からの待機所です。


飛行甲板はまず表面の飛行機制止索や着艦制動装置のワイヤーの彫刻を削ってその部分の木目を掘り返しました。次に航空機を留める綱を結ぶ眼輪を縦横4mm間隔で0.3mmドリルで穴を開けました。実際は2mm間隔の0.2mm以下だったようですが、それだとかなりごちゃつく感じがしたので倍にディフォルメしてメリハリを付けました。遮風柵はライオンロアのエッチング部品です。


飛行甲板裏側のトラスの彫刻を削って穴開き帯板に置き換えました。帯板の間隔は若干間引いてあります。後部に艦載艇の運搬レールと発動機の運搬レールを付けました。

全体の形ができたのでこれから細かい表現を加えます。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。