私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

ハセガワ1/350航空母艦「赤城」(1941)の製作(36)
製作がやっと終了しました。

 
赤城は加賀と並んで日本が初めて建造した大型主力空母でした。巡洋戦艦の流麗な船体に三段分の格納庫が乗った巨大なシルエットが特徴で、最初は三段甲板式で完成し後に一段甲板に改造され試行錯誤的な要素も強かった軍艦でした。太平洋戦争では南雲機動部隊の旗艦で日本海軍の代表的な軍艦でした。模型は1941年開戦時頃の状態です。

  
ハセガワのキットです。

基本はハセガワ純正専用エッチングセットABCスーパーを使用
主砲と高射砲の砲身はFUKUYAの金属部品を使用
主砲砲身の防水カバーはタミヤ最上の部品を型取り複製し使用
艦載機の風防枠等はレインボーモデルのエッチング
双眼鏡やウインチ・探照灯はベテランモデルの部品
船体下側の手すりはタミヤのハンドレールセット
細かい装備品はレインボーモデルのエッチング他各社部品から流用
他から流用できない部品はできる限り修正しました
甲板は全て塗装で表現しました

艦底の給排水口は赤城個別の資料が入手できなかったため、明細が残っている空母飛龍と内部構造を比較した上で推測で表現しました。

艦載機の機体番号はいずれも真珠湾攻撃に参加したと考えられている番号を設定し、爆弾や魚雷もその番号機が搭載したものを付けました。しかしながら全ての番号は判っていないので、模型は特定の攻撃隊の再現ではなく開戦時頃の状態とするに留めました。

前作の鳥海は体力的に疲れましたが、この赤城は精神的に参りました。キットの中身は優れているものの航空母艦の模型を作るのは子供の頃以来で技術的にクリアすべき所が多く、終盤は切れた気持ちのネジをひたすら巻き続けながらの製作でした。技術的な課題はかなり解消し立派な艦が組み上がりました。

いつものように改めて写真を撮って来週中頃くらいにヤフーボックスに追加します。
以後は1/350摩耶と1/700の空母を平行で作ります。3~4週間後の開始予定です。

Comment

 秘密にする

お疲れ様でした
素晴らしい出来栄えですね。

先日「鳥海」を譲って頂いた者です。毎日眺めて暮らしております。次は同型の摩耶とのことですので、楽しみにしております。
| URL | 2013/04/28/Sun 20:37[EDIT]
お言葉ありがとうございます。
大切にして頂き、感謝に堪えません。
摩耶もご期待に沿えるものができるよう頑張ります。
roadeast | URL | 2013/04/29/Mon 19:03[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ