私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセガワ1/350航空母艦「赤城」(1941)の製作(33)
今週の進捗状況です。


先週塗装した飛行甲板の後端に飛行機を留める金具を塗装で表現しました。


先週製作した飛行機滑走制止柵にワイヤーを追加しました。画像左側はキットのエッチングパーツですが、右側は新しく作ったので外国艦用三段手摺りの一段を切り外し中の棒も間引いたものをワイヤーとしました。右側に縦に引かれている細い白線は中に赤線を引いてからエナメルの黒で汚しておきます。


後部の制止索と艦載機を停止させるためのワイヤーをそれざれ貼りました。飛行甲板の白ラインは木甲板部はエナメルの黒で汚しましたが、エレベーターと後部の鉄甲板のラインはわざと汚さずにそのまま残しました。白の見え方の違いで下の材質が違うことを更に際立たせたつもりです。


航空母艦は沢山の飛行機を載せるので、飛行機のエンジンを調整したり故障を修理する工場と調整中のエンジンを試運転させる場所が設けられています。騒音に加えて排気もあるのでエンジンの試運転場は換気が良い外側にあり、赤城は左舷後部機銃座の下の張り出しがその場所です。キットには特に部品がないので余りのエッチングとプラ材で運搬台車と航空エンジンを作って取り付けました。


飛行甲板脇の待避所から下の通路に降りる階段を作って取り付けました。キットは階段のプラパーツにエッチングの側面パーツを取り付ける表現ですが、それでは実感がないので汎用の階段エッチングの手すり部分を切り離してキットの側面パーツを貼り付けて表現しました。


赤城の設計図面には儀礼用の6cm礼砲が描かれています。上画像の奥がキットの部品でこういう形の礼砲もあったようですが、設計図面に描かれている砲は明らかに形が違います。そのためピットロードの1/700旧艦船装備セット2の3年式14cm単装砲の背を縮め砲身を0.5mm真鍮線で作り替えて高角砲や機銃とバランスを取りました。

3月中の完成を目指しましたが製作終盤になってもなかなか気持ちのエンジンが掛かりません。ここから先の工程は既に出来上がった部品の取り付けと張り線がほとんどなので、何とかメンタルを締めながら完成を目指します。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。