私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセガワ1/350航空母艦「赤城」(1941)の製作(23)
今週の進捗状況です。


右舷側後部の作業中でほとんど出来ていますがまだ若干作業が残っています。


高射砲の台座付近で、この周辺はほとんどキットのままです。変化を付けるために二ヶ所ドアを開けました。


後部機銃台で、弾薬箱はベテランモデルのエッチングを使い蓋を開けたものと閉めたものの2種類を付けました。機銃甲板の高さが船内の甲板よりも高い位置にあるため、船内への入口周辺に段差が付いています。


下側を見上げたところで、高射砲台座の窓状の支持材の穴が開いていなかったので開けて内側の支柱を追加しました。機銃台の支柱に2本のH型の雑用煙突が付いています。右側は鍛冶工場用、左側は焼却炉用です。キットの組立はここまでですが、どうも機銃台の支柱周辺はもう少し構造が複雑にできているようです。

今週はここまで。来週は今週の作業の残りを済ませて艦尾に艦載艇を設置し手すり等を付けます。それで船体側面の作業が一段落するので船体各部にスミ入れを行います。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。