私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセガワ1/350航空母艦「赤城」(1941)の製作(21)
今週の進捗状況です。


張り線が楽にできるように空中線のアンテナマスト4本を真鍮線で作り替えました。画像は左舷側のものですが、補強材のエッチング部品を不注意で壊したために真鍮線で作り直しました。右舷側はエッチング部品を貼りました。
  
左舷側後部のアンテナ台と機銃台を作りました。画像白矢印の前方のアンテナ台は独立した形状、赤矢印の後方の台は機銃台と一体化しています。どちらも同じマストが付きますが、キットの表現は前方の台の支柱はとてもしっかりした仕組みなのに対して、後方の台は平面でV字状の補強材がある以外下側に細い支柱が1本あるのみです。どこかバランスが変です。

ここは大改装で大きく変化したので三段甲板当時の写真は参考にできません。おのおのの台の平面型は設計図面が残っていて間違っていないようです。側面の図面が無い代わりに比較的大きく写っている写真があって前後共にこのような形状に写っています。しかしながら、後方の台の支柱にはもっと大きな逆三角形の補強材が付いているようです。ここは飛行甲板を付けた後でもう一度考えます。


左舷側の艦載艇格納所に13m運貨艇と12m内火艇を取り付けました。


艦尾周辺に小さな手すりや階段やリール等取り付けました。発動機運搬用のデリックが無いので真鍮線等で作りました。他の艦載艇と舷側の手すりは飛行甲板を取り付ける直前に付けます。

今週はここまで。来週は右舷前方から機銃座等取り付けます。

本年の日報はこれで終わりです。来年の見通しは赤城は今のところ1月中に船体本体の製作を終わらせ、2月は搭載兵器と艦載機を製作し、3月中の完成をメドとしています。その後はタミヤの新版大和を考えていましたが、アオシマ摩耶の準備が整い以前に希望もありましたので先に回します。特別関心を引く新製品が無ければ来年の1/350は赤城の残り→摩耶→大和で1年過ぎるでしょう。1/700はその間に作れるようならば作りますが、当面のところは航空母艦を何隻か作るつもりでいます。
それでは皆様よいお年を。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。