私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセガワ1/350航空母艦「赤城」(1941)の製作(19)
今週の進捗状況です。


飛行甲板後部裏面の作業が終わりました。金属部品は塗装すると接着が少し面倒になるので、付けられる部品はできるだけ取り付けました。


裏面には艦載艇と航空機を搬入搬出するための運搬レールがあります。キットのウインチの部品はただの箱で、詳細を示す資料はありませんがちょっと表現が寂しかったので、工場にある天井移動式のクレーンをイメージして余りのエッチング等を組み合わせて作り直しました。


右舷側の柱にある張り出しは実艦の図面では運搬レールのターンテーブルの作業所で回転ハンドルがあったと書かれています。キットのエッチングパーツは穴開き板の表現ですが、操作機器があるのなら床に重量軽減穴があるとは考えにくいので、滑り止め鉄板とし手すりのみ流用して表現しました。その上にある小さな張り出しは甲板の縁にある作業員待避所から下に降りる階段の踊り場です。


三段甲板の時代には飛行甲板後端の支柱から端に向かって斜めの補強材がありました。大改装後はこの補強材は無くなったとされていて、実艦の図面にも描かれていませんしキットにも部品がありません。
しかしながら大改装後の写真でも補強材は残っているように見えますし、後端は三段甲板時代の飛行甲板の上に新しい甲板を載せた構造で旧の甲板も残っていたのだから、補強材を取り払うのは不合理です。よってそのまま残っていたと判断して三段甲板時代の写真を元に取り付けました。画像奥の左舷側の補強材が1本多くなっていますが、これはたぶん実艦の飛行甲板が船体中心線から左に寄っていた関係と推測します。


飛行甲板中央部裏側のトラスも調整して取り付けました。

 
飛行甲板の縁に沿って作業員退避所があります。キットのトラスのエッチングはこの待避所の底面補強材が省略されていたので極細のプラ棒で追加しました。また表面のブルワークの内側にエッチングの三角板を貼りました。

これで飛行甲板の表側の塗装と裏側の製作がほぼ終わりました。裏側の塗装は後に行います。
今週はここまで。来週は艦底のスミ入れ汚しを行い中断した船体関係の製作に戻ります。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。