私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセガワ1/350航空母艦「赤城」(1941)の製作(15)
今週の進捗状況です。
製作の順序を考えて、機銃座等を船体の回りに付ける前に飛行甲板裏側のトラスの位置を船体と合わせて置いたほうが工作がやり易いようなので、船体の作業を一時棚上げし飛行甲板の製作と塗装を先に回すことにしました。

 
飛行甲板の前後のふちに雨樋の彫刻があります。溝を深くし余りのエッチングを切り貼りして表現を強くしました。

 
飛行甲板裏側にはトラスがびっしりとあります。全てキットの純正エッチングで板厚があり質が良く、一度曲げ損ねた程度ではバラバラにはなりません。説明書の指示に従って切って組み合わせるだけで、単純な四角または+字に組み合わさる部分は四隅を固めれば内側はスイスイと入ってくれます。従って見た目ほど大変な工程ではありません。上の画像は飛行甲板中央部に付くエッチング、右は煙突周辺裏側でどれもまだ甲板に接着していません。

 
飛行甲板は艦尾側の端が二段になっています。下側の(画像上向きの)反り返りは三段空母時代の飛行甲板の端で、大改装の時に撤去せずその上に傾斜の違う飛行甲板を増設しました。この部分のエッチングは四角ではなく端が内側に入り込みかつ底面も水平ではないので、他よりやや組み辛いところがありました。

来週は以下の予定です。
1.艦首側の飛行甲板裏面トラスを組む
2.飛行甲板の表面を塗装する(木鉄甲板部のみ、白ライン等は後回し)
3.トラスと甲板と船体の位置関係を合わせる
甲板の表の塗装にかなりの時間が見込まれるため3.まで行かないかもしれません。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。