私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセガワ1/350航空母艦「赤城」(1941)の製作(12)
今週の進捗状況です。

 
左舷後部の発動機試験場ができました。航空母艦は飛行機を沢山積むのでエンジンの整備調整工場と試運転場があります。赤城は試運転場の真上に工場があり、床のハッチからエンジンを降ろしてレールに乗せ張り出しの先端まで引き出して試運転を行っていたようです。見た通りとっても面倒臭い構造だったと思われ、以後に建造された母艦は工場と試運転場が同一甲板上に配置されるようになりました。元々のキットは部品分割の関係で表現が曖昧だったのでレールとターンテーブルの彫刻を削って作り替えました。完成後はよく見えないのでやや誇張気味に表現しました。完成の暁には張り出しの先端に台車とエンジンを付けます。内側に二本並んだレールは艦載艇の収納軌条です。


左舷高射砲甲板の内側もできました。奥側の鉄骨4本のうちエッチング部品が右側から3番目しか無かったので残り3本をプラ棒で作りました。ここには資材格納所が2ヶ所あるのでエッチング部品の余りを組み合わせて枠を作りました。高射砲の張り出しは作業の都合で後で付けます。

 
 
艦首甲板の塗装が終わったので、ここのみスミ入れと若干の汚しを加えて格納庫の壁の部品を組み込みました。やっと航空母艦らしくなってきました。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。