私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミヤ1/700駆逐艦「松」(1944)→「槇」(1944)の製作(2)
製作が終わりました。彫刻の付け替えに手間取り前回の見通しより遅れました。

  
槇は戦争中に大量生産された丁型駆逐艦の8番艦で、量産性を高めるため艦橋など直線で構成されました。また空からの攻撃に対応するため主砲を高射砲に、海中に対しても潜水艦の探知装置や多くの爆雷装置を搭載するなど、激しさを増してゆく戦争の実情に沿った艦でした。

 

キットはタミヤ1/700松からの修正で、1944年10月のレイテ沖海戦当時です。

甲板の彫刻を一旦全て削り落として付け替え
甲板と一体化されている高射砲台座を削り落として作り直し
艦橋内部をくり抜き汎用エッチング窓枠をはめ込み
前後のマストを真鍮線で自作
煙突前の機関室通風筒を追加
機銃の部品をファインモールド社のナノドレッドと交換
その他汎用エッチングや汎用パーツから使えるものを流用
船体の外板も再現しました

タミヤのキットは単装機銃の台座が甲板に彫刻されていますが、槇は一部の配置が異なります。付けない台座をそのままにはできないので、一旦甲板の彫刻を全て削り落とし改めて付け直しました。爆雷装備はもっと多かった可能性もありますが、同型艦の竹の状態に合わせました。

いつものように写真を撮り直してヤフーボックスに追加します。今後は1/350赤城の製作中心で1/700はしばらく作りませんが、次は航空母艦を幾つか作る見通しです。 

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。