私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオシマ1/350重巡洋艦「鳥海」(1942)の製作(3)
 製作は艦載機格納庫・後部艦橋・3番砲塔基部船室まで進みました。艦載機と艦載艇も塗装の前の段階まで進んでいますが、今はとても塗装ができる気候に無く、工作のプロセスを先に進めています。

 
 全体的に大雑把なキットで部品の合わせを調整しながら進みました。ホワイトエンサインの専用エッチングを使用していますが、足りない部品を加え表現が今一つな部品は出来る限り入れ替えました。他の同型艦と特徴が混ざっている部分は判る範囲で手直ししました。探照灯周りの手すりは工作上の都合で塗装直前に取り付けます。


 艦載機格納庫の内側も外から良く見えるために表現しました。画像には写っていませんが、ここには翼を折り畳んだ艦載機一機と予備翼や予備フロート、発動機などを入れ、それらの製作も済みました。

 これでマストを除いた上部構造物の製作がほぼ終わりました。これから月末まで船体の製作、3月は塗装と各部の組立仕上げに掛かり、だいたい3月下旬から4月上旬頃の完成をメドとしています。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。