私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオシマ1/350軽巡洋艦「長良」(1942)→「五十鈴」(1944.10)の製作(1)
 戦争末期に高角砲や機銃を増設して防空巡洋艦に改造された五十鈴は、以前1/700で一度作りましたが、その時は資料があまり無く、細部の多くは推定で作らざるを得ませんでした。最近になって詳細な図面資料が手に入ったので、今度は1/350長良の改造で作ってみます。

 
 船体の製作から始めます。阿武隈への改造でも行いましたが、魚雷発射管の開口部が装甲板のようにぶ厚いので裏側を削って薄くしました。


 艦首の下側が太くて速度が出るように見えないため、表と裏から削ってシャープにしました。


 前部の魚雷発射管のくぼみを埋め、後部の船室も長良と形が違うため今回はプラ板でそっくり作り替え、船体の基本形までできました。次は艦橋や煙突など製作を始めます。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。