私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/700アオシマ「陽炎」(1941)の製作(2)
製作が完了しました。
  

アオシマのキットです。1/700の陽炎型駆逐艦はフジミからも雪風が出ていますが大戦末期仕様しか作れません。今回の陽炎は開戦時設定としたのでこちらを用いました。幾つかのパーツは最近発売されたものをテスト的に用いましたが、大部分はピットロードの旧の装備セットに手を加えたものを用いました。

基本はフジミの雪風用専用エッチング
主砲と魚雷発射管、艦載艇等をピットロード社旧装備セットの部品と交換
機銃や艦尾のパラベーン等をファインモールド社のナノドレッドと交換
艦橋内部をくりぬきエッチング窓枠をはめ込み
前後のマストを真鍮線等で自作
船体の外板表現も再現しました

艦名は陽炎としましたが、陽炎そのものには写真も設計図面も残っていないようなので写真や図面が残っている同型艦からの推測としました。

一両日中に改めて写真を撮り直してヤフーボックスに追加します。
次は1/700の航空母艦蒼龍を作ります。当分は1/700が優先で1/350飛龍は進捗があったらその都度報告します。
スポンサーサイト

1/700アオシマ「陽炎」(1941)の製作(1)
 
1/700はしばらく空母が続いたので、表現の確認も兼ねてアオシマの駆逐艦陽炎を作っています。大体の部品ができているので今月中頃までには完成する見通しです。エッチングはフジミの雪風用と各社汎用品、主砲と魚雷発射管はピットロードの旧装備パーツを使いました。画像にはまだ写っていませんが、艦尾の部品のいくつかはファインモールドの部品セットから確認も兼ねて使う予定です。

1/350フジミ「飛龍」(1942)の製作(2)
月が替わったので現状を報告します。


製作は艦載艇が終わった所までです。画像は右上から6m通船、9mカッター×2、12m内火艇×3、13m特型運貨艇×2、6m内火ランチです。この他画像には写っていませんが12m内火ランチ×2は前作摩耶で一旦製作して載せられなかったものを転用します。

フジミの元々のパーツはどうも実物の特徴を掴んでいないようなので全て他から部品を調達しました。6m通船と6m内火ランチはタミヤ、9mカッターはハセガワの艦載艇セットからそれぞれ使用、12m内火艇と13m特型運貨船はハセガワ赤城の部品の複製です。ただし特型運貨船の上面と内側は完成後は全く見えなくなるので一応塗装はしましたが表面は特に整形せず、後部の機関部の穴にもエンジン等は入れませんでした。各エッチングはフジミの純正を一部修正の上使いました。極小の艦名が作れるようになったので今回は各々のへさきに艦名(ヒリユウ)を入れました。

12m内火ランチには信号灯と旗竿が付きますが、艦を組んでいって飛行甲板との間隔を確かめないと付けられないのでここではまだ付けません。

以後は搭載兵器の製作に入ります。前に言っていた事と逆になって申し訳ありませんが、当方の事情で1/700の製作をいくつか優先する関係でこの1/350飛龍は当分の間不定期の更新になります。



 当工房は1/700蒼龍の完成を以て当分の間活動を停止します。再開は早くても2016年夏以降の見通しです。従ってこの製作もそれまで中断します。
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。