私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオシマ1/350「摩耶」(1944)の製作(27)
製作がようやく完了しました。

摩耶は高雄型重巡洋艦の3番艦で、お城を連想させる巨大な艦橋が最大の特徴でした。鳥海と同じく戦争が近づいていたためにほぼ新造時の姿で太平洋戦争に臨みましたが、1943年に爆撃で中破した修理の際に対空兵器の増強をメインとする大改装を行いました。3番砲塔を外して高射砲と機銃台を増設する徹底した工事で、防空巡洋艦に近い姿に特徴がありました。模型は1944年秋のレイテ沖海戦最終状態です。
  
アオシマのリテイク前のキットです。

基本はフライホークの摩耶専用エッチングセットを使用
主砲塔はライオンロアの高雄用レジン部品を使用
主砲砲身の防水カバーはタミヤ最上の部品を型取り複製し使用
機銃は三連装単装共にレインボーモデルのエッチング+銃身のみハセガワの部品
艦載機はタミヤ最上の部品を一部修正の上流用+レインボーモデルのエッチング
連装高射砲と双眼鏡・ウインチ・探照灯はベテランモデルの部品
艦載艇はハセガワとタミヤの艦載艇セットを一部修正の上使用
甲板の手すりはタミヤのハンドレールセット
細かい装備品はレインボーモデルのエッチング他各社部品から流用
他から流用できない部品はできる限り修正しました
甲板の吸気口やハッチ等全て削って作り直しました
船体の外板表現も一旦全て削って作り直し、船底の給排水口も再現しました

鳥海もきつい製作でしたが摩耶は武装が多い分輪を掛けて疲れました。装備品の位置関係に余裕がほとんど無く一ヶ所手を入れたら他もという具合に作業が雪だるま式に膨らみました。2隻で経験値が10年分付いた引き替えに寿命も10年削られた気がします。


摩耶の大改装は戦況がかなり厳しくなってきた時期の工事で、機銃台の平面や支柱の断面形も工作に手間のかかる円形ではなく角形になっています。にもかかわらず事を急くための「やっつけ感」はあまり感じません。元々の優美なスタイルは損ねず全体の精悍さは改装前よりむしろ一段と強くなったように見えます。攻撃撃沈した米潜水艦からは戦艦に見えたそうですが模型からもそれが伺えます。

艦橋前の機銃台の下の区画には兵員の待機所と機銃弾や高射砲弾を艦内の弾薬庫から引き揚げる弾薬供給所がありました。ここの構造も単純な箱形ではなく若干の傾斜が付けられた面の組み合わせでできています。角形の機銃台の支柱も艦橋に接する部分を面ではなく角に向けて接合部がV字型になるように組み合わせてあります。面を向けてЦ字型にするよりも見栄えは確かに良くなりますが、軍艦としての性能に関係しないようなこういう細かい部分でのこだわりに設計者の意地やセンスを感じます。


設計図面では上画像矢印で示した吸気口に登れる梯子が描かれています。図面をよく見るとどうも吸気口の上に道板があり2番砲塔の出入口に登れる仕組みになっていたようです。3番砲塔があった頃はその天蓋から2番砲塔に登れましたが大改装で撤去されたので代わりにこうなったようです。


上画像上側の矢印で示した機銃射撃装置の囲いの内側を白で塗りました。摩耶がそうだったという資料はありませんが、戦争中の愛宕の中央機銃台を撮った写真がそのように見えるのでそれに倣いました(戦争中の愛宕の中央機銃台上の射撃指揮装置はシールドが外されています)。艦橋の防空指揮所の内側を白で塗ったのも同じ理由です。下側の矢印は連装高射砲の演習用の装置です。これは良い部品がなかったのでプラ材などで作りました。高射砲の射界制限枠(上部構造物を誤って撃たないように周囲に設けた柵)は有ったのは間違いありませんが形状がわかる資料がほとんどないので形は全くの空想です。


摩耶の大改装は高雄・愛宕に準じて行われたと資料に書いてあります。作ってみると3番砲塔を除いて摩耶の基本的な構造物の位置関係に大きな変化はなく、摩耶が高雄に合わせたのではなく高雄をカスタマイズして摩耶に合わせたという表現が正しいようです。カタパルト支柱の位置や飛行甲板の平面形状が高雄の完全コピーでないのはそのためですが、こういう事は図面や写真を見るだけではなかなかわかりません。

資料には摩耶の艦載機の機番号が243-(枝番)と書かれていますが、レイテ沖海戦当時の摩耶は第二艦隊第四戦隊の四番艦と推測できるため244-(枝番)としました。明確に示した文献はありませんが海戦の直前に出撃地のブルネイ湾に移動した時の第四戦隊の陣形が先頭から愛宕・高雄・鳥海・摩耶の順であることと、撃沈された時の陣形が愛宕・高雄・鳥海の順で摩耶は第五戦隊の妙高・羽黒の後ろに付いていた点からの推測です。また機数は前にも書きましたが海戦時の高雄や妙高が2機積んでいた事から2機積みました。

改めて写真に撮って数日内にヤフーボックスに追加します。今のところ春夏の新製品で特に興味を引くものはないので、以後は予定通り1/350の航空母艦と合間に中断したままの1/700瑞鳳を進めます。摩耶の製作が長引いたので5月の連休明け頃から始める予定です。
スポンサーサイト

アオシマ1/350「摩耶」(1944)の製作(26)
今週の進捗状況です。


船体中央部にマストを建てて後部マストの増設機銃座を付けました。写真には写っていませんが、艦尾側の甲板装備品と手すりを付けました。船体の作業はほぼ終わりました。

来週は吃水線より上の船体に墨入れと汚しを行い主砲と機銃と探照灯を設置して張り線を張って仕上げます。来週中には作業が終わる見通しです。

アオシマ1/350「摩耶」(1944)の製作(25)
今週の進捗状況です。



航空機作業甲板と艦載艇を船体に取り付けました。以前にも書きましたがキットの元々の運搬レールの彫刻は愛宕・高雄のコピーで摩耶は後部マストがこの上に無いのでレールが艦尾側一杯まで伸びています。3番砲塔横の通風筒と天窓は直下の兵員便所用のものです。墨入れは極く浅めに留めました。


写真ではわかりにくいのですが、艦載艇がある甲板上には航空機の予備部品を格納するスペースがあります(①②)。フライホークの専用エッチングは①の部品だけがあり一部加工の上で自作の②と共に取り付けましたが、設計図面には(仮設)と注釈が入っているので単に寄せ集めてキャンバスで覆っただけの簡易な構造だったかもしれません。

  
艦首甲板に手すりを貼って装備品を取り付けました。手すりはタミヤのハンドレールセットA、丸形の吸気口はフライホークの金属部品+自作部品、ウインチとパラベーンはベテランモデルの部品をそれぞれ使用しました。配置は設計図面に従いました。

今週は中央部と後部甲板に手すりと装備品を付けてマストを立てます。恐らく今月の中頃には完成の見込みです。
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。