私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

1/700ピットロード「龍鳳」+ハセガワ「瑞鳳」→「瑞鳳」(1944)の製作(1)
次の1/700は空母瑞鳳をレイテ沖海戦の状態で作ります。キットはハセガワから出てはいますが内容があまり良くありません。艦首から艦前半部の形が実物の特徴を捉えてなく、艦首甲板の高さが実際より高いために上の船室が寸詰まりでバランスに欠けます。機銃座などの張り出しも船体と一体化されていますが、修正しようにもハセガワのプラは固くて容易に削れません。

前回製作した龍鳳と瑞鳳は元々同じ型の船として作られる予定でした。ところが龍鳳の建造で当時まだ未熟だった溶接技術を全面的に取り入れた結果船体に不具合が続出したため、設計を改め若干小さな船になりました。しかしながら1/700で比較すると艦の前半部の形状は非常に似ており、船体のバルジを取り去った幅や喫水線から飛行甲板までの高さも同じで船体の長さと艦尾の形が違うだけです(資料の中に瑞鳳の船体最大幅が龍鳳より2mほど狭いとする文献がありハセガワのキットも幅が狭いのですが、図面等を検討するとどうも両方共にほぼ同じ幅のようです)。武装や各指揮所の配置もよく似ています。
 
(画像は共に手前がハセガワ1/700瑞鳳、奥がピットロード1/700龍鳳の船体)

それで瑞鳳の製作はハセガワのキットをどうこうするよりも、前半~中央部の形状が似ている龍鳳の船体にハセガワの艦尾を移植するほうが近道と判断しました。龍鳳はフジミとピットロードから出ていますが、このような大規模な改造の土台に用いるには船体左右張り合わせのフジミより一体部品のピットロードのほうが適しています。またピットロードは船体に一体化した彫刻がほとんどないのでこれも改造の土台には好都合です。

この製作では船体はピットロードの龍鳳(長甲板)にハセガワの瑞鳳の艦尾を付け替えて作り、飛行甲板はフライホークのエッチングに手を加えたものを使用します。機銃座などは自作し兵器装備品はピットの部品を使います。その他細かいエッチングなどはフジミの龍鳳用を主に用います。

瑞鳳の資料は完成当時とレイテ沖海戦の鮮明な写真がありますが、設計図面は断片的にあるだけで船の全体を示したものは残っていないようです。おおまかな船内配置を示した図はあるのでこれと写真を突き合わせて外側の表現を作り、解釈できない表現は龍鳳に合わせることにします。

製作はやや進んでいます。続きは次週書きます。

おしらせ
有り難いことに製作も溜まったのでブログ記事のカテゴリ分類を艦種別から個別艦別に細分化しました。画面右側のカテゴリーの艦種の頭の+をクリックするとこれまで製作した艦の一覧が表示され、名前のリンクをクリックすると記事を表示します。艦名の横の括弧数字がそれぞれの記事数です。

今後ともよろしくお願い致します。

アオシマ1/350「摩耶」(1944)の製作(2)
前回の記事からかなり時間が経ちもう8月に入ったので現状報告します。


キットの船体の艦首の先端が分厚くとても35ノットで快走するようには見えないので薄く削りました。


鳥海で問題になった位置と大きさが異なる錨収納の凹部を埋めて改めて彫り直しました。収納内部の整形は甲板を接着した後に行います。同時に2枚の外板の位置も上方に修正しました。


船体の彫刻のほとんどを削りました。このあと甲板を貼ってシェルター甲板の側面を付けて整形し、船体外板を表現する予定です。


搭載兵器の表現を決めました。左画像左側の12.7cm連装高射砲はベテランモデルの部品、右側の25mm3連装機銃と単装機銃はレインボーモデルのエッチングにハセガワの機銃の銃身部品を組み合わせました。ベテランモデルの高射砲はレジンとエッチングと真鍮砲身から成り彫刻は素晴らしいのですが、上側のカバーを付けると折角の繊細な彫刻が隠れてしまいます。また航空母艦のように正面側しか見えない場合は背面の彫刻が細かくてもあまり意味がありません。今回は前後共に良く見えるのでこれを使用しますが、今後継続して使うかどうかは(部品の供給が極めて不安定な事もあり)検討事項です。

機銃は特に問題はなさそうです。特にレインボーの単装機銃は銃架の支柱部分に真鍮部品を用いているので組みやすく安定性もあります。手前の天窓は試作品ですが、鳥海よりも更に踏み込んだ表現を考えています。

現状はこの通りです。事情があって次の1/700を前倒しで今月中に始める関係で1/350摩耶はまだ当分の間更新が不定期になります。
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ