私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピットロード1/700航空母艦「龍鳳」(1944)の製作(9)
製作がやっと終了しました。

 
龍鳳は潜水母艦として建造し後に航空母艦に改造された艦でした。それほど大きな船体ではなかったために飛行甲板上に艦橋がない真っ平らなシルエットが特徴でした。太平洋戦争ではほとんどの期間を輸送任務と待機に費やし、1944年のマリアナ沖海戦が唯一の海戦参加になりました。模型はその時の状態としています。

写真を撮って気が付きましたが艦首の菊花紋章を付け忘れていました。これはすぐに付けます。

ピットロードのキットです。

基本はライオンロアの専用エッチングセットを使用
艦首の一段目と二段目の境目の船室の形が曖昧だったので修正
右舷機銃座付近の形状と左舷大型吸気口の形状が共に不良のため修正
飛行甲板と張り出し裏側の構造材を穴開き真ちゅう板などで追加
艦載機の脚や風防枠等は零戦はフライホーク、天山はライオンロアのエッチング
一部の装備品はレインボーモデルのエッチング他各社部品から流用
他から流用できない部品はできる限り修正自作しました
甲板は全て塗装で表現しました
白線や文字のパターンは海戦当時の写真が残っている隼鷹に合わせました

龍鳳は戦争中に飛行甲板を艦首の先端近くまで伸ばしましたが、その工事時期が資料によって「昭和19年春」と「昭和19年7~8月」に割れています。検討した結果19年7~8月の可能性の方が高かったのではないかと判断しマリアナ沖海戦当時を短い甲板としましたが、矛盾する資料も存在するため100%の確証はありません。従って終戦時のような長い甲板だった可能性もあります。


飛行甲板のサイズが比較的小さかったために、赤城のような艦橋構造物はこの艦にはありません。航海の指揮所は飛行甲板の鉄甲板と木甲板の境目付近の真下に、防空指揮所と艦載機の離発着の指揮所は双眼鏡が並んでいる艦首側の飛行甲板の両脇に分散して設置されていました。これはシルエットが似ている祥鳳型や千歳型の空母でも同じ仕様でした。


航空母艦の飛行甲板の白線は同じ艦でも時期によってパターンが違う事があったようです。マリアナ沖海戦の龍鳳は完成当時のパターンをそのまま当てはめている資料もありますが、今回は海戦当時の甲板の写真が残っている第二航空戦隊旗艦の隼鷹のパターンに合わせました。艦尾の文字「りゅ」も隼鷹のマリアナ沖海戦前の写真で「じゅ」と見える事による推測です。マリアナ沖海戦には龍鳳・瑞鳳・千歳・千代田と飛行甲板の上に艦橋が無い良く似た形の空母が4隻参加したので個々に識別の必要があったと判断しました。

航空母艦は戦艦や巡洋艦と違い箱状のシルエットで立体的なメリハリに乏しく、小スケールの模型では特に玩具っぽい感じになりがちです。しかしながらあまり手を入れるとゴチャゴチャになるので表現のさじ加減が難しい艦種です。加えて1/700の空母はシールドがない高射砲の設置位置が実物より高い位置にあって全体のバランスを欠いているキットが多く、このキットも例外ではないため気を付けて作りました。

いつものように改めて写真を撮って今週中頃くらいにヤフーボックスに追加します。
以後しばらくは1/350摩耶の製作を優先します。
スポンサーサイト

ピットロード1/700航空母艦「龍鳳」(1944)の製作(8)
今週の進捗状況です。


まだ終わっていません。製作は最終段階の張り線を貼っている最中であと数日中には終わるはずです。詳しい内容もそのときにまとめて書きます。
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。