私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピットロード1/700航空母艦「龍鳳」(1944)の製作(7)
今週の進捗状況です。

 
前後上甲板の装備品を取り付けて飛行甲板を付けました。飛行甲板の白線引きは一部用具を取り寄せているためまだ行っていません。そのため今週は各種装備品の製作を先に行いました。


ピットロードのキットは船本体には色々欠点がありましたが、装備品はとてもよくできています。この艦載艇はキットの部品にフライホークのエッチングの組み合わせですが、表現は1/350とほとんど変わりません。細密表現の技術の進歩にはまったく驚きます。


艦載機は昭和19年6月19日のマリアナ沖海戦第二次攻撃隊と同じ零戦52型×6と天山艦攻×2で揃えます。龍鳳は生涯のほとんどを輸送と待機で過ごした艦で、敵艦隊に攻撃隊を送ったのはマリアナ沖海戦のこの日が最初で最後でした。ウォーターラインの後期艦載機セットの部品に零戦はフライホーク天山はライオンロアのエッチングを使用しました。


兵装は画像左から25mm単装機銃、25mm三連装機銃、シールド付25mm三連装機銃(左キットのオリジナル、右改修品)、シールド付12.7cm連装高射砲、12.7cm連装高射砲です。単装機銃はファインモールドのナノドレッドを使いました。三連装機銃はライオンロアのエッチングにキットの銃身部品を乗せました。シールド付機銃はキットは銃身が水平を向いているので0.2mm真鍮線で角度が付くように作り替えました。シールド付高射砲も砲身が水平を向くので真鍮線で付け替えました。

来週は飛行甲板の白線を引いて全体をまとめ完成まで至る予定です。
スポンサーサイト

ピットロード1/700航空母艦「龍鳳」(1944)の製作(6)
今週の進捗状況です。

  
飛行甲板の塗装に手間取って何度がやり直しました。そのため今週は甲板全体の塗装が終わったところまででした。塗装手順は前作赤城と同じですが、縮尺が小さいので木甲板の汚しは黒ではなくダークブラウンで行いました。白のラインは船体に接着した後で引きます。

来週は飛行甲板の下になる艦載艇やリール等を船体に取り付け飛行甲板を接着して白線を引きます。

ピットロード1/700航空母艦「龍鳳」(1944)の製作(5)
今週の進捗状況です。


手すりを貼って船体を塗装しました。前側の茶色のリノリウムの部分にフライホークのエッチングの押さえ板を貼りました。各部にスミ入れと汚し塗装を行いました。

来週は飛行甲板の塗装を行い、その次の週に装備品と艦載機などを作り今月中には完成する見通しです。

ピットロード1/700航空母艦「龍鳳」(1944)の製作(4)
今週の進捗状況です。

  
左舷側の組立が終わり船体の組立がほぼ完了しました。これから塗装しながら手すりを貼って装備品を取り付けます。

 
右舷側の船体中央部です。煙突の下の格子状の足場と舷窓の閉鎖蓋はレインボーモデル、他はライオンロアのエッチングを使用しました。足りない表現や部品も多かったので随時追加しました。
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。