私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

ハセガワ1/350航空母艦「赤城」(1941)の製作(36)
製作がやっと終了しました。

 
赤城は加賀と並んで日本が初めて建造した大型主力空母でした。巡洋戦艦の流麗な船体に三段分の格納庫が乗った巨大なシルエットが特徴で、最初は三段甲板式で完成し後に一段甲板に改造され試行錯誤的な要素も強かった軍艦でした。太平洋戦争では南雲機動部隊の旗艦で日本海軍の代表的な軍艦でした。模型は1941年開戦時頃の状態です。

  
ハセガワのキットです。

基本はハセガワ純正専用エッチングセットABCスーパーを使用
主砲と高射砲の砲身はFUKUYAの金属部品を使用
主砲砲身の防水カバーはタミヤ最上の部品を型取り複製し使用
艦載機の風防枠等はレインボーモデルのエッチング
双眼鏡やウインチ・探照灯はベテランモデルの部品
船体下側の手すりはタミヤのハンドレールセット
細かい装備品はレインボーモデルのエッチング他各社部品から流用
他から流用できない部品はできる限り修正しました
甲板は全て塗装で表現しました

艦底の給排水口は赤城個別の資料が入手できなかったため、明細が残っている空母飛龍と内部構造を比較した上で推測で表現しました。

艦載機の機体番号はいずれも真珠湾攻撃に参加したと考えられている番号を設定し、爆弾や魚雷もその番号機が搭載したものを付けました。しかしながら全ての番号は判っていないので、模型は特定の攻撃隊の再現ではなく開戦時頃の状態とするに留めました。

前作の鳥海は体力的に疲れましたが、この赤城は精神的に参りました。キットの中身は優れているものの航空母艦の模型を作るのは子供の頃以来で技術的にクリアすべき所が多く、終盤は切れた気持ちのネジをひたすら巻き続けながらの製作でした。技術的な課題はかなり解消し立派な艦が組み上がりました。

いつものように改めて写真を撮って来週中頃くらいにヤフーボックスに追加します。
以後は1/350摩耶と1/700の空母を平行で作ります。3~4週間後の開始予定です。

ハセガワ1/350航空母艦「赤城」(1941)の製作(35)
今週の進捗状況です。


赤城の製作はほぼ終わっていますが、ぎりぎり足りるだろうと見ていた張り線用の糸が底をついてしまいメインマストの張り線で作業が止まってしまいました。入荷待ちですがたぶん来週中には入ってくるでしょう。


艦尾周辺です。旗竿は張り線が無いのでキットの部品をそのまま使いました。ここには最後に舷梯とスクリューガードを付けます。

ハセガワ1/350航空母艦「赤城」(1941)の製作(34)
今週の進捗状況です。

  
カメラを替えて半年以上過ぎました。相変わらずホワイトバランスが滅茶苦茶で近くの立体も綺麗に撮れません。そこでカメラ屋に行って「近くのものがもっと綺麗に撮れるレンズ」を買いました。今回の記事からそれを使っていますが、前よりは近くの物体がより引き締まって写る気がします。


今週は全体の装備品の設置に明け暮れました。上の画像は右舷前方の機銃座の周辺です。機銃座の下からの張り出しで画像の右側(艦首側)のものは主砲射撃指揮所、左側(艦尾側)は高射砲の指揮所です。赤城には20cm主砲が6門装備されているので、それを指揮する場所と観測機器が巡洋艦や戦艦並にあります。機銃座の前から数えて1番目と2番目の機銃の間にあるのは羅針儀(コンパス)、2番と3番目の間にあるのは機銃の射撃指揮装置です。

機銃はフライホークの25mm連装機銃エッチングの架台部分にキットの機銃銃身を組み合わせて作りました。ベテランモデルの部品も検討しましたが、全体の形はより正しいのでしょうがこのような大型艦に載せるとやや貧弱な印象も受けたので若干誇張気味の部品でバランスを取りました。それ以外の観測機器や指揮装置等の多くはベテランモデルの部品を使いました。

飛行甲板の縁に接する形で囲いがあります。これは甲板作業員の待機所でキットの機銃座には位置が彫刻されているだけで肝心の部品がありません。形状がわかる資料がないので他艦の写真や映像を参考にして余りのエッチング部品を組み合わせて作りました。


甲板上のメインマストは主脚とヤードを真鍮線で作り替え、斜めの支柱はキットの部品を使いました。

製作も最終段階に入ってきました。来週中か遅くとも今月半ば頃には終わりそうです。
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ