私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセガワ1/350航空母艦「赤城」(1941)の製作(12)
今週の進捗状況です。

 
左舷後部の発動機試験場ができました。航空母艦は飛行機を沢山積むのでエンジンの整備調整工場と試運転場があります。赤城は試運転場の真上に工場があり、床のハッチからエンジンを降ろしてレールに乗せ張り出しの先端まで引き出して試運転を行っていたようです。見た通りとっても面倒臭い構造だったと思われ、以後に建造された母艦は工場と試運転場が同一甲板上に配置されるようになりました。元々のキットは部品分割の関係で表現が曖昧だったのでレールとターンテーブルの彫刻を削って作り替えました。完成後はよく見えないのでやや誇張気味に表現しました。完成の暁には張り出しの先端に台車とエンジンを付けます。内側に二本並んだレールは艦載艇の収納軌条です。


左舷高射砲甲板の内側もできました。奥側の鉄骨4本のうちエッチング部品が右側から3番目しか無かったので残り3本をプラ棒で作りました。ここには資材格納所が2ヶ所あるのでエッチング部品の余りを組み合わせて枠を作りました。高射砲の張り出しは作業の都合で後で付けます。

 
 
艦首甲板の塗装が終わったので、ここのみスミ入れと若干の汚しを加えて格納庫の壁の部品を組み込みました。やっと航空母艦らしくなってきました。
スポンサーサイト

ハセガワ1/350航空母艦「赤城」(1941)の製作(11)
 今週の進捗状況です。


 艦首の先端に係留ブイに鎖を通すためのムアリングパイプという穴が開いています。キットの穴の周囲に丸めた真鍮線を貼ってメリハリを付けました。


 船体の作業が一通り終わりやっと塗装ができました。マスキングは複雑でしたが幸い大きなはみ出しやムラ等はありませんでした。


 リノリウムの部分に金色の押さえ板を貼っています。ここは巡洋艦や駆逐艦の甲板と同じです。

ハセガワ1/350航空母艦「赤城」(1941)の製作(10)
今週の進捗状況です。先週に船体塗装までできると書きましたがまだ至っていません。


右舷中央部の煙突周辺は表現や形状が少し違うようですが、完成後は良く見えないため手をつけないつもりでした。しかし眺めているうちにノコやナイフでがしがし削っていました。


①の艦首側の船室は3段に別れています。図面には中央の段の煙突側の端の位置が描かれていません。写真などから後方につながっているとは考えにくいので支柱の位置付近で切れる形として手すりを付けました。煙突の形は違いますが、以前に製作した重巡最上や鳥海では煙突が艦橋内部に入り込んだ所がこのような形になっているため、それと同じにしました。

キットはただの棒だった鉄骨2ヶ所をプラ棒で作り、探照灯の格納所の壁も作りました。見えないので探照灯は入れていません。表現は画像左側に見えているキットの部品に合わせました。


 ②の部分は図面上では鉄骨ですが、写真は壁のように写っています。図面をよく見ると鉄骨内部が倉庫になっていたようなので、戦艦長門の煙突探照灯座のように鉄骨内部に鉄板を張った形と解釈してそのように作りました。底の甲板が支柱の途中で斜めに下がっていたのでエポパテを盛って平らにしました。

 茶色の甲板部分のマスキングも終わったので来週は間違いなく船体塗装に掛かれます。

ハセガワ1/350航空母艦「赤城」(1941)の製作(9)
今週の進捗状況です。


船体でスクリュー周辺の作業が漏れていたので仕上げました。シャフトを金属パイプに置き換えました。白い四角は艦底の腐食防止板で、艦によって数も並び方も違っていたらしいのですが、赤城の資料は皆無なので、スクリューブレードやキャップの先端に近い位置に並べて付けました。

 
スクリュー周辺の後はずっと船体塗装の準備に明け暮れました。リノリウムと呼ばれる甲板敷物の部分が茶系の色になるので、まずこの色で塗る部分を組んで塗装しマスキングテープでカバーする作業が続いています。船の甲板のマスキングは複雑で塗料が滲むと補修が大変なので、貼り詰めたテープの上にマスキングゾルを塗って滲み防止とします。艦首と艦尾にアンカーチェーンを付けましたが、諸事情でキットのチェーンは使わず汎用品を付けました。また手すりの大部分はキットのエッチングよりも扱い易く倒れにくいタミヤのハンドレールセットを今回も使います。


左舷側の通路2ヶ所に四角の穴が開いています。ここは周囲に手すりを付けるだけで何の部品もありませんが、図面上は下に向かうハッチ付きの出入口なので穴を一回り小さくしてエッチングなどでハッチの部品を作りました。

順調に進めば来週は船体の塗装ができる見込みです。その後は船体の側面に付く張り出しや装備品を付けては塗装の繰り返しになります。

カメラはホワイトバランスが極端に不自然でない程度に写るようになりましたが、まだ意のままの画像にはなりません。どうしたものか。
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。