私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジミ1/700駆逐艦「秋月」(1942)→「初月」(1944)の製作
1/350赤城は多少調べることが出てきたため月末頃まで製作を休止します。以前に塗装の試験も兼ねて作ったフジミ1/700秋月が中身2隻入りで専用エッチング共々1隻分余っていたので、この間に1944年10月レイテ沖海戦最終状態の初月として作りました。

  
秋月型駆逐艦は戦争中に建造されたために建造途中での仕様変更が多く、大きく3種類に分類できます。フジミの秋月は最新キットで手が掛からないのですが、初期に建造された一部の艦の竣工時のみしか作れません。この初月も初期建造タイプに含まれますが、艦橋や前部マストの形状が若干異なります。

基本はフジミの専用エッチング+砲身セット
艦橋形状を一部修正
艦橋内部をくりぬきエッチング窓枠をはめ込み
前後のマストを真鍮線等で自作
2種類の電探をエッチング部品で追加
前後の増設機銃台を自作追加
機銃の部品をファインモールド社のナノドレッドと交換
船体の外板表現も再現しました

初月はこのレイテ沖海戦で戦没し、生存者もほとんどいなかったため、細かい機銃配置や艦載艇の数等は判っていません。マリアナ沖海戦直後の状態から追加の機銃や艦から下ろした艦載艇は秋月の装備状態に合わせて構成しました。従ってこれらの点には確証がありません。

改めて写真を撮り直してヤフーボックスに追加します。1/350赤城は今月末頃から再開します。
スポンサーサイト
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。