私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

アオシマ1/700戦艦「扶桑」(1944)の製作(2)
 扶桑は主な部品の製作が終わった所まで進みました。

 今回はフライホーク社の1/700扶桑用エッチングセットを使用しています。砲塔上のエッチングも全てそれですが、増設機銃座が少し幅広で後ろの照準窓をふさぐため、内側で1mmほど切り詰めました。


 艦橋はエッチングの他にも窓などのディテールを追加しました。


 煙突周辺の部品も大半は同社のエッチングセットです。曲げやすくなれにくい、比較的扱い易いエッチングです。


 後部艦橋はマストとデリックの棒のみ真鍮線で作り替え、他はエッチングセットの部品です。


 船体の修正も終わりました。後部の航空機作業甲板の形状が異なっているので修正しました。また甲板を作る関係で甲板上のモールドは一旦全て切り取りました。これから塗装と組み上げに掛かります。

 良いエッチングセットのおかげで早くに大体の形ができたので、扶桑の製作を先に進めます。

ハセガワ1/350航空母艦「赤城」(1941)の製作(4)
 船体修正の続きです。


 船体後部の両サイドに艦載艇の収納通路があります。右舷側はクローズされてほとんど見えないのですが、左舷側は側面が開いているためにここからのぞき込むと内部の補強桁が見えてしまいます。幸い、通路の側壁と補強桁の間に1mm程度のすきまがあるため、ここに天井の板を組み込みます。

 
 側壁の内側に桁を追加し、これに対応させる形で天井の桁も作りました。作り方は以前の航空巡洋艦最上の飛行甲板裏側と同じで、それよりもパターンは単純なので割と楽にできました。良く見えない右舷側も(一部省略していますが)ついでに作りました。

 
 天井の板はこのように組み込み、このように見えます。


 この通路の部品の左舷側には航空機運搬レールとターンテーブルに似た彫刻があります。位置的に航空機や艦載艇に関係した装備ではないようで、側壁が開いている事と関係がありそうですが、この部分の図面がないので何に使うものなのかわかりません。今のところは航空機用レールとターンテーブルのエッチングと置き換える予定です。

 
 格納庫後端の隔壁にある通路ですが、部品に厚みがある関係でその下の艦載艇用具庫が図面上は上下二段になっている所が一段しか表現されていません。そのため、通路を穴あきエッチング板で作り替え、倉庫の高さを増して側面の出入り口を設けました。

  
 隔壁の下側の出入り口には「奥行き」がないため、プラ板で通路を追加しました。

ハセガワ1/350航空母艦「赤城」(1941)の製作(3)
 これから船体で気になる部分に手を加えます。

  
 まず、左舷艦橋下の側面の部分が図面上は前後の通路をつなぐトンネルになっていますが、キットは表現されていないので穴を開け、裏側にプラ板で通路を作りました。


 左舷側の高角砲後部の隔壁は、一部の部屋が図面上と異なっているように見えるほか、3本ある鉄骨の1本しかエッチング部品がありません。そのため船室にはプラ板を貼って修正し、2本の鉄骨は削ってプラ材を組んだものと置き換えました。また、画像左側の側壁は図面上は通路が続いていますが、キットは省略されているためプラ材などで延長しました。

 このキットでの階段は、プラの部品に側面のみエッチングの手すりを貼り付ける仕様になっていますが、あまり印象が良くないので汎用のエッチングパーツと全て取り替えます。従って、階段が段々の山になっている表現は全て削り落とします。
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ