私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

アオシマ1/700戦艦「扶桑」(1944)の製作(1)
 1/700はしばらく中小型艦が続いたため、次は戦艦を作ります。



 アオシマの扶桑も非常によくできたキットですが、船尾の航空機作業甲板のレイアウトが同型艦の山城のもので、扶桑は少し異なっていたようです。その関係で甲板上のモールドを一旦全て削り落とします。これらは甲板を作ったあとに作り直して取り付けます。

ハセガワ1/350航空母艦「赤城」(1941)の製作(2)
ようやく右舷側のハンドレールの置き換えが終わりました。



 右舷側は左舷よりは複雑ではなかったものの、ハセガワのキットのプラがかなり固かったために手こずりました。

 これから装備品を作りながら細部を見てゆきます。物凄く良くできているキットですが、それだけに細かいレベルで気になる箇所があります。それらを手直ししながら製作を進めます。

アオシマ1/700軽巡洋艦「香椎」(1944)の製作(3)
ようやく完成しました。これも詰めに予想外に時間がかかりました。


香椎は香取型と呼ばれた軽巡洋艦の一隻で、元々は海軍士官を養成する練習艦でしたが、太平洋戦争の開戦に伴い南方方面艦隊の旗艦として活動しました。その後戦争の激化に伴い輸送船団に対する敵の潜水艦や航空機の攻撃が激しくなったため、1944年2月に対空・対潜兵装を大幅に強化して輸送船の護衛任務に就きました。模型はこの時の状態です。

香椎は小さな船体に強力な対空兵装と艦尾に対潜兵装を満載した、独特なスタイルを持った艦です。しかしながら、図面や写真が多い割に組立キットは今のところアオシマの古い1/700しかありません。実物は決して格好の悪い艦ではないのですが、アオシマのキットはその特徴があまり反映されていない上に船体のバランスもおかしく、そのまま組み上げても今三つパッとしません。そのため、船体は前半部を詰め後半部を伸ばし甲板の平面形も修正、上部構造物や装備品の大半は作り直すか他から流用しました。甲板は本物の木を用いています。

日本海軍の艦艇は後部マストの一部を黒く塗るように規定されていましたが、香椎は大戦中の写真がいずれも軍艦色のままだったように見えるため、マストに黒塗装は施しておりません。

1944年頃には航空機は搭載されていなかったようですが、カタパルト(航空機の発進装置)は最後まで残っていたようです。模型は見栄えも考慮して、当時巡洋艦に標準搭載されていた零式三座水偵を載せてあります。

写真を撮ってYahooフォトに追加します。1/350赤城は前回の記事からほとんど進んでいないので、しばらくはこちらを進めます。
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ