私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミヤ1/350重巡洋艦「最上」(1943→1944.10)の製作(9)
 製作終了の写真です。写真を確認したら幾つか付けていない部品があったので、この後に付けています。

   
 重巡最上は元々前後に合計5基の砲塔がありましたが、ミッドウエー海戦で大破した際に爆撃を受けた後部砲塔を撤去して航空機の作業甲板を後部に延長し、最大11機の偵察機を搭載できる航空巡洋艦に改造されました。1944年10月のレイテ沖海戦に西村艦隊の一艦として参加し、敵艦隊の集中攻撃を受けて大破、撤退中に行動不能に陥りミンダナオ海に姿を消しました。模型はその最終状態としています。


 最終状態としましたが、概略の武装配置図がある程度で、詳細がわかる写真や図面はないようです。細部は同時期の他の軍艦から推測して作りました。部品の多くはキットのものですが、三連装機銃は台座だけライオンロア社製のエッチングを用い、その上にキットの銃身部品を付けて作りました。単装機銃はハセガワの武装セット、探照灯はベテランモデル社製のものです。最上専用のエッチングセットがまだ発売されていないため、ライオンロア社製の重巡高雄用セットや汎用エッチングの中から、主砲高角砲の金属砲身やエッチングを幾つか流用しました。

 
 最上の次は航空母艦を作る予定で、その準備も兼ねて偵察機の風防を透明化しました。3機は風防を空けた状態にしました。この写真では良く見えませんが、コックピットの中をくり抜いて座席を付けました。

 最終状態で積んでいた偵察機の数については、資料によって違いがあってはっきりわかりません。5機または4機という説もありますが、沈没後に作成された公式の戦闘報告書に合計6機と書かれているため、それに従いました。垂直尾翼の機番は最上所属を示す380-からの連番としていますが、他の軍艦から何機か借りた可能性もあり、偵察機に関しては不確定な部分があります。艦載機の運搬レールはライオンロア社製のエッチングを用いました。



 ケースに入れ改めて写真を撮ってヤフーフォトに追加します。
 次は航空母艦を作ります。既にキットも関連パーツも調達済で、今月下旬から製作を始めます。
 
スポンサーサイト

タミヤ1/350重巡洋艦「最上」(1943→1944.10)の製作(8)
 5月から7月までの途中経過です。カメラの日時設定が誤っていたために正確な日時は記せませんが、だいたい3週間ぐらいの間隔で写しているはずです。


 上甲板と飛行甲板の裏側を塗装した状態です。

 飛行甲板の下の後甲板はキットでは鉄甲板の表現になっていますが、重巡時代の甲板敷物が残っていると解釈して作りました。根拠はありませんが、レイテ沖海戦後の公式の戦闘報告書に、火災を誘発したため敷物は取り外すのが望ましいと書かれているため、最後まで広範囲に残っていたのではないかと考えました。

 またこの部分には艦載機の予備部品が置かれていたため、模型でも再現してみましたが、飛行甲板を貼ったら敷物共々ほとんど見えなくなってしまいました。


 飛行甲板を貼った時点での状態です。


 煙突はトップの格子を極細の金属線で作り替えました。また、ジャッキステイ(作業用足場)も同じく作り替えています。

 
 艦橋は内部まで作っています。この上に天蓋を付けて前回7/26の状態になりました。

 製作は完成に至りました。写真は一両日中に載せます。
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。