私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミヤ1/350重巡洋艦「最上」(1943→1944.10)の製作(1)
 予告通りタミヤの最上を作ります。今までどちらかといえば作りにくいキットが多かったのですが、さすがはタミヤというところで、表現も良く組み立てやすいキットのようです。キットの状態は航空巡洋艦に改造された1943年頃のようですが、1944年10月の最終状態として作ります。

 船体の底に機関部の海水取入口のモールドがあります。メリハリを付けるために一旦穴を貫通させて裏側をふさぎました。


 船底には展示台に固定するためのビスの穴空け位置とナットの固定部品が最初から付いています。とてもありがたい配慮です。今回は展示台をアクリルケースに固定させるため、キットの2.6mmよりやや大きい3.0mmのナットを付けました。


 最終状態では舷側の窓の数が大幅に減らされています。図面などを元に残った窓を0.8mmドリルでさらい、埋められた窓はひさしのモールドを削りました。ここは更に円形の板でふさぎますが、注文しているエッチングの部品がまだ届いていないので後回しにします。


 甲板のモールドも細かく付いていますが、製作上の都合で一旦削り落としました。


 中央部も同じく大半のモールドを一旦削りました。画像は主要部品を仮置きして位置関係を確認しているところです。上に乗っている部品はたった4つですが、ご覧の通りの再現度です。甲板回りには幾つか省略されている部品があるのでまとめて作っておきます。
スポンサーサイト

アオシマ1/700重巡洋艦「利根」の製作(補足)
 完成後に資料を整理していて気がつきましたが、艦橋の上部が戦争末期の状態で、ミッドウエー海戦当時は多少形状が異なるために修正しました。


 これに伴い、ヤフーフォトの写真も艦橋が写っているものに関しては全て撮り直して入れ替えました。

アオシマ1/700重巡洋艦「利根」の製作(4)
 これでほぼ出来上がりました。
 
 完成したつもりで写真を撮ってみたら、艦首の菊花紋章を付け忘れている事に気が付きました。これはすぐに付けます。2週間のつもりが1ヶ月半もかかってしまいました。塗料や表現を変えたり色々ありましたが、次はもう少してきぱき工期を短縮したいです。全体的に表現をやや誇張気味にして多少スミ入れも施してありますが、機銃は先日発売されたファインモールド社の機銃セットを使っています。1/700の限界を越えるまったく素晴らしい製品で、従来のエッチングの機銃が一気に時代遅れになった感じさえあります。

 
 利根型は日本海軍が最後に完成した重巡洋艦で、船体の前半部に主砲塔、後半に航空機作業甲板を集中させた他に例のない思い切った設計が特徴でした。他の巡洋艦よりも多く水上偵察機を積めたため、太平洋戦争では主に機動部隊に随伴して偵察任務に就きました。中でも利根の偵察機がミッドウエー海戦で最初に米空母を発見したことがよく知られています。模型はその時の状態です。

 後日写真を撮り直してヤフーフォトに追加します。次は来週発売されるタミヤ1/350重巡最上ですが、余裕があれば平行して1/700も一つ作りたいです。

アオシマ1/700重巡洋艦「利根」の製作(3)
 ようやくの更新です。製作は船体のだいたいのところまでできました。

 
 主砲高角砲機銃はほぼできています。残りは艦載艇の塗装と艦載機の組立ぐらいですが、今度こそあと1週…と書くのはやめておきます。

 時間が空いたこともあって、今回は塗料塗装や表現など以前と少し変えてみました。甲板上の金色の帯は甲板敷物の押さえ金具で、本来であればこのスケールではほとんど見えませんが、赤茶色の敷物の地に金色の帯はとても模型映えすると思うので、今回多少誇張気味に付けてみました。
 
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。