私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(34)
 製作はほぼ終了しました。
  
 完成したつもりで写真を撮ってみたところ、艦尾の予備錨を付け忘れていることに気がつきました。これはすぐに修正します。台座とケースに入れて写真を撮ってヤフーフォトに追加します。

 金剛型戦艦は太平洋戦争に実戦参加した戦艦の中では最も建造が古いタイプでしたが、その高速力を生かして南雲機動部隊やガダルカナル、レイテといった最前線で戦い、最も功績を挙げた戦艦といわれています。模型は1942年10月に実施されたガダルカナル島の米軍飛行場砲撃の状態としています。陸軍が飛行場を奪取するまでには至らなかったものの、この砲撃によって一時機能停止寸前まで追い込まれました。

 製作後の感想は、全体的にやや組みにくい所があり、また細かい装備品の多くを他から流用しましたが、こうして立派な戦艦の形になりました。キットの基本が優れている証です。

 補足を少々。


 1942年10月当時の艦載機は、帳簿上は零式三座水上偵察機(画面左側の航空機)1機と零式観測機(右側)2機となっていますが、機種変更の通達が出た直後で、本当にこの組み合わせだったのかどうか(変更前の機種が残っていた可能性)はよくわかりません。また、砲撃作戦当時、艦載機は艦から離れていたようですが、模型では全て搭載した状態にしました。

 艦載機を艦首側(画像右側)に寄せるときは、翼が主砲塔にぶつからないよう斜めにオフセットして留めていました。模型の上からも甲板が狭く、整備発進作業はさぞかし大変だっただろうと思われます。


 船体各部にはフジミのフィギュアセットを配置しました。ポーズが限られているものの、なかなか感じの良いフィギュアで生活感が出てきました。


 キットには艦尾信号灯(画像中央の緑赤白の十字型の信号)の部品が入っていません。これは点滅の組み合わせで作戦内容を後続の艦に知らせるもので、金剛型戦艦の装備位置はよくわかりませんが、後部艦橋の見張り所付近が妥当と考えて付けました。



 年内の製作はこれで終わりです。見ていただいた方々1年間どうもありがとうございました。
 来年は以前から持ち越しになっていた1/350巡洋艦より始めます。まだ確定はしていませんが、鳥海ではないかもしれません。ハセガワの赤城やフジミの伊勢も魅力的ですが、この金剛に手間取ったこともあり、しばらく大型艦艇からは離れるつもりです。
スポンサーサイト

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(33)
 また1週間が過ぎましたので、現状報告します。


 手すりを全て付け終わりました。艦首周辺はこのようになりました(製作途中に折った艦首先端は最後に修復します。また真ん中付近の穴には最後に開状態の昇降口を付けます)。張り線と残った装備品を付けて仕上げに入ります。


 艦載機もやっとできました。最初の方にも書きましたが、フジミの零観はモールドは悪くはありませんが全体の形があまり実物に似てない上に一回りほど小さいようです。そのためアオシマの重巡鳥海の部品を使い、削ったり足したりしてそれらしくしました。
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。