私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(21)
また1週間が過ぎましたので現状報告します。

 
 前回製作途上だった後部艦橋はこの通りできました。後部艦橋の見張り所の天蓋は塗装後に付けます。後部艦橋側面の窓は楕円状に見えるため一旦埋めた上で開け直しました。


 副砲はキットの1944年の状態では数が減らされていたため、42年当時とする場合は部品が足りません。加えてキットの副砲の部品はやや背が低く船体との間に隙間が出る上に正面の窓の形も良くないため、修正を加えたものを2個作った上でシリコンゴムで型を取り、レジンを流し込んで複製して作りました。

 
 副砲の砲身は金属部品ですが、上記の理由で金剛用の専用部品はいずれも入数が足りないため、ハセガワの戦艦長門用のものを用いています。厳密にはややサイズが異なりますが、1/350の縮尺では誤差の範囲内に収まるようです。


 船体の副砲用の取り付け穴もサイズが微妙に合わないので調整しました。

 
 現在は主砲の製作に入っています。ハシゴのモールドを削ってエッチングに置き換えることと、金剛型特有の測距儀天蓋の廃熱孔の表現が省略されているため、部品の上面を削って付け加えています。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(20)
 また1週間が過ぎましたので現状報告します。


 前後の煙突とその間の探照灯座、機銃座ができました。探照灯座と機銃座はいずれもキットの1944年の形とは異なるので作り直しています。


 前後の煙突はジャッキステイ(外側を囲むハンドレール)のモールドを削り落として超極細の素材で付け直しました。トップの格子は専用エッチングパーツのものですが、煙突内部は少し表現が違うようなので作り直しています。


 現在は後部艦橋の修正に取り掛かっています。これもキットの1944年と42年では幾つか異なる部分があるので手直ししています。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(19)
 また1週間が過ぎましたので、現状報告します。


 煙突前部の探照灯塔と両舷にある高角砲測距儀塔が組み終わり、第一煙突に取り掛かっている所です。探照灯塔は画像左手前と中央上が探照灯台、中央下が増設機銃台、左奥が機銃射撃指揮装置用の張り出しになります。

 これらの台には相互に人員が行き来していましたが、ラッタル(階段)や通路の取り付け方法は資料によって記述が異なっているようです。
             探照灯台
              |垂直梯子
   探照灯台_通路_射撃指揮装置
 垂直|           /ラッタル
 梯子|   増設機銃座

 この製作ではこういう解釈になっています。


 左右の高角砲測距儀塔は、キットのモールドは甘い上に一部誤っているためほとんど作り直しました。支柱側面の部品だけは使えたので厚さを半分以下に削り、残りをプラ板と真鍮線などで組みました。測距儀と高射装置はハセガワの武装セットのものを用いています。

 測距儀塔には相互の連絡通路がありますが、艦橋と関連する部品なので後で作ります。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(18)
 また1週間が過ぎましたので経過報告します。


 中央構造物甲板には煙突に接して探照灯台があります。トラス状の複雑な構造で非常に目立つものですが、キットの部品の表現はかなり貧弱です。しかしながらフジミ純正のエッチングパーツには該当する部品が見当たらないようです。仮にあったとしても44年の空間部に兵員待機所を増設した状態になるため、1942年の設定では自力で作ります。


 現状は煙突前側の台の基本形まで出来たところです。骨組みをパンチング帯金のハンダ付けで組み、0.2mm真鍮線をたすき掛けに貼って補強のワイヤーとしました。その上に乗る探照灯や機銃台は全て作り直しました。手前と最も上の丸い台が探照灯台、下側の角形のものが増設機銃台、その後方にある半円形の台は機銃射撃指揮装置の台になります。ブルワーク(側面のついたて)の内部サポートや台の下側のサポートなどはこれから作ります。


 構造が複雑でやや時間がかかっています。
 

 ここは他にも述べておきたいことがありますが、次回の更新で書きます。
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ