私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

1/700水上機母艦「千代田」(10)
完成写真をここに載せています。

1/700水上機母艦「千代田」(9)





当初の予定より1ヶ月遅れで、やっと完成しました。
あと展示ケースを手直しして完了です。

1/700水上機母艦「千代田」(8)


 艦載機の製作に予想外に手間取り、まだ完成に至っていません。



 時期設定は一応昭和17年夏頃です。千代田の艦載機の構成はよくわかりませんが、開戦前に甲標的母艦に改造された後水上機の定数を半分に減らされたらしく、同型艦の千歳の定数が二座水偵×16、三座水偵×4であることから、この半分で零式観測機×8、零式三座水上偵察機×2としました。塗装は上面が濃緑色の後期塗装ですが、黄橙色の敵味方識別帯はこの時期の特設水上機母艦君川丸の搭載機に付いていないことから、この模型もそれにならって付けていません。

1/700水上機母艦「千代田」(7)
 船体はほぼ出来上がり。あと艦載艇6隻と艦載機を10機作って外周に手すりを張れば終わりです。残り1週間~10日ぐらいで上がりそうです。



 アオシマの古い時代のキットは、部品の印象が良くなく敬遠する人が多いそうですが、(本当にどうしようもないものもありますが)デッサン的に特徴を良く捉えているキットも多く、モールドを直したり足したりしながら組み立てるとタミヤやピットロードにも見劣りしないものになります。



 見れば見るほど不思議な形をした軍艦。中央のテーブル状の構造物の屋根が航空母艦に改造するときの飛行甲板の位置だそうで、他から発進した艦上機の緊急着陸用としても使えるようにテーブルみたいな形になってました。また、多数の甲標的や水上機を扱うために大型のデリックがたくさん付いているのも面白いです。



 テーブルの前側の足元にある部品は、キットはタンクのような形ですが、写真では大型の通風口のようにしか見えないので、そのように作り替えました。ここにはテーブルの屋根に向かう階段の踊り場があります。また煙突近くの甲板の縁にある円形のものは前部カタパルトがあった跡です。これは甲標的母艦への改造で取り外されました。
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ