私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオシマ1/700戦艦「扶桑」(1944)の製作(3)
 製作が完了しました。
  

 扶桑という日本の別名が付けられたこの戦艦は、大正6(1917)年の建造当時は世界最大最強の戦艦であり、その後の日本戦艦の技術発展にも大きな寄与を果たしました。太平洋戦争当時は速度が遅く旧式化していたため、姉妹艦の山城と共に日本の内海で練習艦的な役割を果たしていました。昭和19年10月のレイテ沖海戦で西村艦隊の主力艦としてレイテ湾内に突入を図るものの、待ち構えていた米艦隊の集中攻撃を受けて撃沈しました。模型はこの最終状態としています。

 主砲の配置の関係で艦橋の後部を下側に削り込んだ独特の形が特徴です。組立模型を作るのはこれが初めてでしたが、形にしてみるとなかなか堂々とした立派なスタイルです。レイテ沖海戦の生存者の回想記でも、低速旧式艦の先入観を除くと主砲塔6基12門が頼もしく見えたと述べられています。アオシマのキットはちょっと金型の設計の詰めや磨きが足りなくて組むのに少し手こずるところもありましたが、立派にできました。フライホーク社の専用エッチングも効果的です。

 甲板は木の薄皮を敷き詰めています。後部マストは前回の写真のものは寸法を間違えていたので作り直しました。

 写真を撮ってヤフーフォトに追加します。これからは継続の1/350赤城と、1/700は要望がありましたのでアオシマの軽巡大淀を作る予定です。
スポンサーサイト

アオシマ1/700戦艦「扶桑」(1944)の製作(2)
 扶桑は主な部品の製作が終わった所まで進みました。

 今回はフライホーク社の1/700扶桑用エッチングセットを使用しています。砲塔上のエッチングも全てそれですが、増設機銃座が少し幅広で後ろの照準窓をふさぐため、内側で1mmほど切り詰めました。


 艦橋はエッチングの他にも窓などのディテールを追加しました。


 煙突周辺の部品も大半は同社のエッチングセットです。曲げやすくなれにくい、比較的扱い易いエッチングです。


 後部艦橋はマストとデリックの棒のみ真鍮線で作り替え、他はエッチングセットの部品です。


 船体の修正も終わりました。後部の航空機作業甲板の形状が異なっているので修正しました。また甲板を作る関係で甲板上のモールドは一旦全て切り取りました。これから塗装と組み上げに掛かります。

 良いエッチングセットのおかげで早くに大体の形ができたので、扶桑の製作を先に進めます。

アオシマ1/700戦艦「扶桑」(1944)の製作(1)
 1/700はしばらく中小型艦が続いたため、次は戦艦を作ります。



 アオシマの扶桑も非常によくできたキットですが、船尾の航空機作業甲板のレイアウトが同型艦の山城のもので、扶桑は少し異なっていたようです。その関係で甲板上のモールドを一旦全て削り落とします。これらは甲板を作ったあとに作り直して取り付けます。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(34)
 製作はほぼ終了しました。
  
 完成したつもりで写真を撮ってみたところ、艦尾の予備錨を付け忘れていることに気がつきました。これはすぐに修正します。台座とケースに入れて写真を撮ってヤフーフォトに追加します。

 金剛型戦艦は太平洋戦争に実戦参加した戦艦の中では最も建造が古いタイプでしたが、その高速力を生かして南雲機動部隊やガダルカナル、レイテといった最前線で戦い、最も功績を挙げた戦艦といわれています。模型は1942年10月に実施されたガダルカナル島の米軍飛行場砲撃の状態としています。陸軍が飛行場を奪取するまでには至らなかったものの、この砲撃によって一時機能停止寸前まで追い込まれました。

 製作後の感想は、全体的にやや組みにくい所があり、また細かい装備品の多くを他から流用しましたが、こうして立派な戦艦の形になりました。キットの基本が優れている証です。

 補足を少々。


 1942年10月当時の艦載機は、帳簿上は零式三座水上偵察機(画面左側の航空機)1機と零式観測機(右側)2機となっていますが、機種変更の通達が出た直後で、本当にこの組み合わせだったのかどうか(変更前の機種が残っていた可能性)はよくわかりません。また、砲撃作戦当時、艦載機は艦から離れていたようですが、模型では全て搭載した状態にしました。

 艦載機を艦首側(画像右側)に寄せるときは、翼が主砲塔にぶつからないよう斜めにオフセットして留めていました。模型の上からも甲板が狭く、整備発進作業はさぞかし大変だっただろうと思われます。


 船体各部にはフジミのフィギュアセットを配置しました。ポーズが限られているものの、なかなか感じの良いフィギュアで生活感が出てきました。


 キットには艦尾信号灯(画像中央の緑赤白の十字型の信号)の部品が入っていません。これは点滅の組み合わせで作戦内容を後続の艦に知らせるもので、金剛型戦艦の装備位置はよくわかりませんが、後部艦橋の見張り所付近が妥当と考えて付けました。



 年内の製作はこれで終わりです。見ていただいた方々1年間どうもありがとうございました。
 来年は以前から持ち越しになっていた1/350巡洋艦より始めます。まだ確定はしていませんが、鳥海ではないかもしれません。ハセガワの赤城やフジミの伊勢も魅力的ですが、この金剛に手間取ったこともあり、しばらく大型艦艇からは離れるつもりです。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(33)
 また1週間が過ぎましたので、現状報告します。


 手すりを全て付け終わりました。艦首周辺はこのようになりました(製作途中に折った艦首先端は最後に修復します。また真ん中付近の穴には最後に開状態の昇降口を付けます)。張り線と残った装備品を付けて仕上げに入ります。


 艦載機もやっとできました。最初の方にも書きましたが、フジミの零観はモールドは悪くはありませんが全体の形があまり実物に似てない上に一回りほど小さいようです。そのためアオシマの重巡鳥海の部品を使い、削ったり足したりしてそれらしくしました。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(32)
 また1週間が過ぎましたので、現状報告します。


 甲板上の装備品がほぼ付け終わりました。これから船体の手すりの取り付けに入ります。他に残っているのはリールと艦載機で、艦載機は製作に少し手間取っていますが、いずれも次の一週間で片付ける見込みです。


 艦橋トップの白塗装の範囲が間違っていたので塗り直しました。その下の張り出しに3人並んで操作しているのは探照灯の管制儀です。この周辺に枠があるとする資料と無いとする資料があり、判断に迷いましたが、写真から無いと判断して付けませんでした(フジミの上級者用専用エッチングには枠の部品が入っています)。


 主砲塔の塗装は終わっています。副砲は砲身先端に白帯を描く作業が残っています。どちらも製作の最後の段階で取り付けます。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(31)
 また1週間が過ぎましたので、現状報告します。

 艦載艇のうち、資料の読み違えで未製作だった17m水雷艇を作りました。元はハセガワの艦載艇セットのものです。資料によればこのタイプの艇は開戦後に7.7mm機銃と爆雷2個を装備していたそうで、それぞれ付け加えています。ただし、マストは立てた状態のままでは本艦に収納できないので倒した状態にしてあります。


 これが搭載する艦載艇の一式になります。左から12m内火ランチ(幌を立てたものと外したもの)
、17m水雷艇とその手前が15m内火艇、9mカッターのうち甲板に固定するものと外に吊すものがそれぞれ2隻です。

 15m内火艇は艦隊司令長官の専用艇で、これはハセガワのセットにもフジミのキットにも部品がないので17m水雷艇を改造して作りました。図面や資料には開戦から戦争前期の頃までは17m水雷艇が2隻積まれていたと書かれていますが、この時期の金剛は第三戦隊の旗艦で、後にレイテ沖の反転で有名になる栗田健男中将が乗艦していました。そのため、長官艇もセットとして載せられていただろうと考えて差し替えました。

 
 艦本体の製作は中央部の主な装備品を取り付けたところまで進みました。次の1週間で残った甲板の装備品を付け、次の週で手すりと艦載機を組み立て、その次で張り線と全体の仕上げに掛かります。完成は12月上旬~中旬の見通しです。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(30)
 また一週間が過ぎましたので、現状報告します。

 
 後部マストを製作し、塗装して取り付けました。またデリック付近の張り線も先に張りました。これで主な構造物は全て製作取り付けました。


 後部マストの基部は図面では艦載機の予備部品格納所になっていますが、キットでは兵員待機所のような表現になっています。42年当時に具体的にどのような形だったか良くわかりませんが、他艦の例からオープンな棚状の表現としてみました。


 艦載機用クレーンも作りました。これから主砲副砲や小物を塗装しながら取り付けます。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(29)
 また1週間が過ぎましたので、現状報告します。


 艦橋の背面の両サイドに高射装置の塔があり、それをつなぐ連絡通路が艦橋の端に接しています。42年当時は艦橋背面に信号所の張り出しが2つあり(①が碇泊時用、②が航海時用)、それぞれをつなぐラッタル(階段)がありました。


 組立と塗装が終わった写真です。連絡通路には張り出しに上下に行くラッタルと、下に降りる垂直梯子があります。この周辺はキットの44年当時と最も形が異なる部分で、また位置関係を合わせるのが非常に難しい場所でした。


 煙突と後部艦橋も塗装して取り付けました。それぞれの位置が確定したので、後部マストの製作に取り掛かります。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(28)
 また1週間が過ぎましたので、現状報告します。

 
 艦橋各部に人員を配置しながら組み上げました。

 
 これで艦橋ができました。最も上の白色で塗られたレーダー+測距儀の部分は置いてあるだけでまだ接着していません(組立の一番最後に取り付けます)。

 これより製作スピードを上げて組み上げます。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(27)
 また1週間が過ぎましたので、現状報告します。

 
 艦橋を塗装しながら組み上げています。最初に修正を加えたときは手すりや見張り所・手旗信号台などの張り出しまでは作っていなかったので取り付けています。当初はフィギュアは載せないつもりでしたが、この後に考えているキットではフィギュアを大々的に使おうと考えているため、そのテストケースも兼ねて少し載せることにしました。フジミの艦船用フィギュアセットは体格が超メタボ的に見える点を除けばそれなりに効果があります。

 
 艦橋最上部の測距儀と21号レーダーアンテナもこの通り出来ています。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(26)
 また1週間が過ぎましたので、現状報告します。


 船体の木甲板の製作がやっと終わりました。やり直しが2ヶ所あったために想定よりも時間がかかってしまいました。


 木甲板のパターンはこんな感じです。

 これから艦橋を塗装しながら組み上げます。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(25)
 また1週間が過ぎましたので、現状報告します。


 船体中央部の甲板ができました。


 艦首甲板に錨鎖導板(アンカーチェーンを巻き上げる位置に付ける甲板保護用の鉄板)とキャプスタンを付けました。


 艦尾側の甲板は前回示したように一旦作ったのですが、写真ではわからないレベルで少し出来に満足できなかったため、剥がしてもう一度作り直すことにしました。これはあと3~4日ぐらいでできるだろうと思います。その後は前回に書いたように再び艦橋の仕上げに移ります。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(24)
 それほど進んでいないのですが、前回から2週間が過ぎましたので現状を報告します。

 
 後部の木甲板の製作が終わり、航空機作業甲板を取り付けて合わせ目を整形しました。


 木甲板は艦首まで終わっています。艦首の先端部分が折れたので砲塔基部の上にテープで留めてあります。これは製作最後の段階で修復します。

 この状況ですと残る中央部の木甲板はあと1週間ぐらいで仕上がるだろうと見ています。その後は艦橋を始めとする上部構造物を塗装しながら組み上げてゆきます。

フジミ1/350戦艦「金剛」(1944→42)の製作(23)
 また一週間が過ぎましたので現状報告します。


 上部構造物の製作が大方終わったので、船体を塗装しました。船体は閉鎖された舷窓を開けたりと少し手を加えたため、まずサーフェーサーと呼ばれる下地塗料を塗ります。これを塗ることによって工作の際に表面に付いた傷が見えやすくなります。

 
 表面の傷をならして塗装しました。艦底色の赤を塗り、マスキングテープで区切って上の軍艦色を塗りました。塗装で特に変わったことはありませんが、船体が大きく取り回しが大変でした。

 現在は甲板の製作に取り掛かっています。
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。