私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオシマ1/700軽巡洋艦「大淀」(1944)の製作(2)
 製作がようやく完了しました。前回の記事でそれほど時間はかからないかもと書きましたが、結局のところ月末までかかりました。

  
 大淀は元々潜水艦隊の旗艦として作られた巡洋艦でした。後部に多数の水上偵察機を搭載できる格納庫を設け、魚雷発射管は全く搭載していませんでした。しかしながら大戦中に完成した時には既に潜水艦を束ねて指揮できるような状況ではなくなり、また大淀用に配備される予定だった高速水上偵察機の開発にも失敗したため、格納庫に司令部施設を設けて連合艦隊旗艦に改造されました。模型は1944年10月のレイテ沖海戦当時の状態としています。

 アオシマのキットはやや組みにくい所もありましたが、立派な感じに仕上がりました。今後は1/350五十鈴の製作を進めます。
スポンサーサイト

アオシマ1/700軽巡洋艦「大淀」(1944)の製作(1)
 アオシマの大淀は主要部品の修正がほぼ終わりました。


 国産のジョーワールド社の大淀専用エッチングを主に使用しています。同社の製品は相対的に中国製品よりも高価ですが、非常に扱いやすく説明書も親切過ぎる製品です。キットは艦尾の機銃台やカタバルトの高さがやや高いようなので削って低くしました。また各甲板もぶ厚いので裏側を削って薄くしました。


 キットの主砲塔は表現が今ひとつなのでピットロードの武装セットの部品を用いました。上部構造が戦艦や重巡洋艦ほど複雑ではないので、完成までそれほど時間は掛からないかもしれません。こちらの製作を先に進めます。
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。