私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオシマ1/350重巡洋艦「鳥海」(1942)の製作(9)
錨と収納部の修正がほぼ終わりました。


(1)これが元の錨と収納部。


(2)幸いアオシマの高雄型はもう1セット未組立のキットがあったので、船体の部品を使って元の収納部を埋める部品を作りました。


(3)作った部品を付けて整形しました。


(4)図面から収納部の型紙を作り、それを元に彫り直しました。


(5)一回り小さい錨の部品を調達して付けました。この部分のスミ入れ汚しを行えば修正完了です。

事前にかなり調べたつもりでしたが、意外なところに落とし穴がありました。一両日中にヤフーボックスの写真のうち艦首が写っているものを撮り直して差し替えます。
スポンサーサイト

アオシマ1/350重巡洋艦「鳥海」(1942)の製作(8)
製作完了後に喫水が深すぎるのでは?という指摘を受けました。キットが指示する喫水位置は資料や写真の示す位置よりも低かったために上に上げ、喫水位置はこれでほぼ合っていますが、改めて資料と見比べると艦首の喫水が深く見えます。

これは指摘があるまで全く気が付きませんでしたが、キットの元々の錨の部品と錨収納部の表現が実艦より一回り大きく、また若干下側に下がっているためで、キットの指示する喫水位置では目立たなかったものが変えたためにバランスが崩れてしまいました。幸い、この修正は可能なので早急に修正し艦首が写っている写真も撮り直します。

アオシマ1/350重巡洋艦「鳥海」(1942)の製作(7)
製作がやっと完了しました。

  
鳥海は高雄型重巡洋艦の4番艦で、お城を連想させる巨大な艦橋が最大の特徴でした。戦争が近づいていたために近代化改装を行う時間的余裕がなく、ほぼ新造時の姿で太平洋戦争に臨みました。船体下部の水中防御区画が小さく高射砲も最後まで旧式の単装砲のままでしたが、1942年8月の第一次ソロモン海戦で連合国の巡洋艦を4隻撃沈1隻大破させるなど、最も華々しく戦った艦の一つでした。模型はこの第一次ソロモン海戦の状態です。

 
アオシマのリテイク前のキットです。

基本はホワイトエンサインの高雄鳥海専用エッチングセットを使用
主砲と高射砲の砲身はマスターモデルの金属部品を使用
主砲砲身の防水カバーはタミヤ最上の部品を型取り複製し使用
艦載機はタミヤ三隈の部品を一部修正の上流用+レインボーモデルのエッチング
双眼鏡やウインチ・探照灯はベテランモデルの部品
艦載艇はハセガワとタミヤの艦載艇セット
手すりはタミヤのハンドレールセット
細かい装備品はレインボーモデルのエッチング他各社部品から流用
他から流用できない部品はできる限り修正しました
甲板の吸気口やハッチ等全て削って作り直しました
船体の外板表現も一旦全て削って作り直し、船底の給排水口も再現しました

外板配置と給排水口は高雄型個別の資料が入手できなかったため、船体形と主要配置がほぼ同じである妙高型重巡の資料から欠損部等を一部アレンジして表現しました。

このブログが出来てから色々作りましたが、最も疲れた製作でした。主要部品のほぼ全てがそのままでは綺麗に噛み合わず、細部装備品のほぼ全てが要修正又は交換で、まるで昭和時代のキットの如き錯覚にも陥りました。とはいうものの組み上げると立派な艦になりましたので、基本の設計は優れているようです。

いつものように改めて写真を撮ってヤフーボックスに追加します。
以後、延び延びになっているハセガワ1/350赤城の製作を続行します。 

アオシマ1/350重巡洋艦「鳥海」(1942)の製作(6)
 月が終わりますが、まだ完成に至っていません。


 製作は最終段階で、張り線の作業中です。デリックのワイヤーは意図的に太くしました(エッチングパーツのまま)。残りはカッターや船体周辺の細々した部品を取り付けるだけで、1週間程度で終わる見通しです。

アオシマ1/350重巡洋艦「鳥海」(1942)の製作(5)
 月も替わったので現状を報告します。

 
 全体の形はかなり出来ましたが、各部品の取り付けと調整、及び塗装に予想外に手間取り、もう少し時間がかかりそうです。マストは前後共に真鍮線で作り直しエッチングパーツを加えました。

  
 格納庫の内部は右側に予備機材の棚を置き、左側に翼を折り畳んだ艦載機を入れました。エンジンは次の赤城でも再現するため、テスト的に1台作って加えました。

 各部品を塗装しながら取り付けます。予定からかなり遅れているため製作を急ぎます。

アオシマ1/350重巡洋艦「鳥海」(1942)の製作(4)
現在は船体に下地塗料を吹き表面の荒れ等チェックしています。大半の装備品の製作と修正が終わりました。
 
船体と甲板の彫刻はほぼ全て作り直しました。舷外電路はレインボーモデル、舷窓はフライホークのエッチングを使いました。キットのビルジキールの部品はどうも同型他艦のものらしく長すぎるので15mm程カットしました。
 
外板の表現は船体形が同じ妙高型重巡等断片的に参考にした箇所もありますが、多くの部分にアレンジが入っています。


今回は艦底の給排水孔も再現しました。高雄型ではなく妙高型の配置のコピーですが、共に船体形や艦内の基本区画が同じであるため、大きくは間違っていないと見込みました。

これより塗装をしながら組み上げます。いつも撮影している塗装前主要部品の写真は製作の都合で今回は撮れません。艦底色を塗り魚雷発射管等を付けた後に中央部甲板を取り付けます。完成は前の記事の見込みからはやや遅れそうですが、4月中を目指します。

アオシマ1/350重巡洋艦「鳥海」(1942)の製作(3)
 製作は艦載機格納庫・後部艦橋・3番砲塔基部船室まで進みました。艦載機と艦載艇も塗装の前の段階まで進んでいますが、今はとても塗装ができる気候に無く、工作のプロセスを先に進めています。

 
 全体的に大雑把なキットで部品の合わせを調整しながら進みました。ホワイトエンサインの専用エッチングを使用していますが、足りない部品を加え表現が今一つな部品は出来る限り入れ替えました。他の同型艦と特徴が混ざっている部分は判る範囲で手直ししました。探照灯周りの手すりは工作上の都合で塗装直前に取り付けます。


 艦載機格納庫の内側も外から良く見えるために表現しました。画像には写っていませんが、ここには翼を折り畳んだ艦載機一機と予備翼や予備フロート、発動機などを入れ、それらの製作も済みました。

 これでマストを除いた上部構造物の製作がほぼ終わりました。これから月末まで船体の製作、3月は塗装と各部の組立仕上げに掛かり、だいたい3月下旬から4月上旬頃の完成をメドとしています。

アオシマ1/350重巡洋艦「鳥海」(1942)の製作(2)
 多忙で前回の更新から半年以上開いてしまいました。誠に申し訳ありません。昨年末からようやく時間が割けるようになって活動の再開に至りました。

 1/350赤城は事情があって再び中断中です。現在はこのブログを始めた頃に1回だけ手を付けて放置状態だったアオシマ1/350重巡鳥海を製作しています。予定はまだ未定ですが、いずれ1/350で同型艦の摩耶を作りたいと考えていて、その予行演習も兼ねての製作です。設定時期は1942年第一次ソロモン海戦当時で、今回はこれまでと異なり上部構造物や装備品を先に製作し、船体を最後に回すことにしました。


 主砲塔はキットの部品にホワイトエンサインの高雄/鳥海用エッチングセットの部品を貼り付けました。砲身はマスターモデルの金属砲身、防水カバーは以前製作したタミヤ1/350最上の部品を複製しました。

  
 船体中央部の製作まで終わりました。全体的に大雑把なキットで、個々の部品の調整や入れ替えに加え足りない部品や表現もかなりあるので新造しました。キットの部品のうち、艦橋下の機銃座はどうも三連装機銃用のものらしく写真と比較しても一回り大きいように見えるので作り直しました。窓枠や前部煙突の足場と背面の支柱はホワイトエンサインのエッチング、艦橋の手摺りは先日発売されたタミヤの手摺りセットを使用しました。機銃はフライホークのエッチング銃座にハセガワの機銃の銃身を組み合わせました。探照灯と高射砲の弾薬箱はベテランモデルの部品を使いました。

 いまのところ全体の約半分程の進捗度です。これから艦載艇と艦載機を作って船体の工作に移る予定です。

 今年はまずこの1/350鳥海を仕上げ、次にハセガワ1/350赤城を仕上げる予定です。もしそこで年の日が残ったら、昨年末に発売されたタミヤ1/350戦艦大和の製作を考えています。1/700はその合間に作れるようなら出したいと思っています。

1/350重巡洋艦「鳥海」(1)


1/350はアオシマの重巡洋艦鳥海を作ります。まず船体の表面のチェックから。
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。