私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

アオシマ1/350軽巡洋艦「長良」(1942)→「五十鈴」(1944.10)の製作(5)
 製作はようやく終了しました。

  
 五十鈴は5,500トン型と呼ばれた日本海軍の代表的な軽巡洋艦の一隻でした。このタイプの軽巡は設計に余裕があったために、何隻か特殊な用途に改造された艦がありました。五十鈴は太平洋戦争中に主砲と航空機を全て取り外して高角砲と機銃を増設した防空巡洋艦に改造されました。模型は1944年10月のレイテ沖海戦当時の状態です。五十鈴はこの海戦の後、1945年4月に潜水艦の雷撃で一生を終えました。

 模型はアオシマ社製長良の組み立てキットからの改造です。五十鈴も船体と煙突以外のほとんどの部品が新造になるため、今後1/350で出てくる可能性はそれほど高くないのではないかと思われます。以前タミヤ1/700で一度製作しましたが、その後更に詳細な資料が入手できたため不明点の大半が判明し製作に盛り込めました。よって前回製作のタミヤ1/700キットとは少なからず相違があります。ただし、改造工事完了直後に撮影された写真やレイテ沖海戦当時の記録写真と相い違う所もあるため、取捨選択した部分もあります。

 
 資料には単装機銃の搭載数が5基となっておりますが、他の巡洋艦が20基前後の搭載に対して数が非常に少なく、また戦闘詳報に単装22番機銃の記載があるため、阿武隈の最終状態と同じく24基を装備しました。カッターや発動機艇の一部を減らし空所に機銃を付けています。


 後部マストのデリックは改造工事完了直後に撮影された写真には写っていますが、レイテ沖海戦当時には無い旨の資料もあり、記録写真もデリックの操作ロープが無いように見えます。無いなら揚げ降ろしができないため下の小発動機艇も降ろしていたと考えられますが、模型でデリックと発動機艇を外してしまうと周辺の「間が持たない」ため、あえて付けました。後部マストに13号電探を示した資料がありますが、海戦後に装備された事が記録写真と戦時日誌から明白なので付けていません。


 1/350で阿武隈・五十鈴と長良からの派生タイプを二隻作りました。基本の形は同じですが、艦橋や搭載兵器の違いによってがらりと印象が変わり興味深いものです。いずれまた他のバリエーションも作ってみたいものです。

 今後は1/350で製作中断中の赤城がありますが、そこに戻る前に小艦艇を一つ作ります。しばらくは1/700の駆逐艦を何隻か作ってみることにします。

アオシマ1/350軽巡洋艦「長良」(1942)→「五十鈴」(1944.10)の製作(4)
 前回の更新から一ヶ月経ちましたので現状を報告します。

 
 形はかなり出来ましたが、まだ完成には至っていません。主な残工程は艦載艇(2隻の予定)と製作の都合で後回しにした後部マストの上部と船体周囲の手すりと張り線です。搭載兵器(高角砲・機銃)の製作は既に終わりました。

 今後都合で1週間ほど家を空けるため10月中頃の完成を見込んでいます。

アオシマ1/350軽巡洋艦「長良」(1942)→「五十鈴」(1944.10)の製作(3)
 前回の更新からまた一ヶ月経ちましたので現状を報告します。

  
  艦橋の取りまとめに手間取り、作り替える主な部品の製作がようやく終わりました。後部マストは後部甲板を塗装して船室を付けた後に作る予定です。

  
艦橋は組立の関係で先に塗装を済ませました。長良型からかなり違うように見えますが、天井の形を変えて防空指揮所にし、マストのトップを下げて後方に倒しただけで、基本的な構造は変わっていません。

 
 高角砲の台座の形は三種三様でどうしてこのような仕様なのか良く判りませんが、どうにか形にできました。

 残った後部マストや艦載艇などを作り、塗装しながら仕上げます。あと1ヶ月程度は掛かるでしょう。

アオシマ1/350軽巡洋艦「長良」(1942)→「五十鈴」(1944.10)の製作(2)
 前回更新からもう一ヶ月近いので、現状を報告します。

 
 船体の外板表現に思った以上に手間取り時間が掛かってしまいました。艦橋は長良の部品とかなり形が違うのでプラ板で全て作り直すことにして、基本的な形がちょうど出来ました。ここから細かい表現を加えます。

アオシマ1/350軽巡洋艦「長良」(1942)→「五十鈴」(1944.10)の製作(1)
 戦争末期に高角砲や機銃を増設して防空巡洋艦に改造された五十鈴は、以前1/700で一度作りましたが、その時は資料があまり無く、細部の多くは推定で作らざるを得ませんでした。最近になって詳細な図面資料が手に入ったので、今度は1/350長良の改造で作ってみます。

 
 船体の製作から始めます。阿武隈への改造でも行いましたが、魚雷発射管の開口部が装甲板のようにぶ厚いので裏側を削って薄くしました。


 艦首の下側が太くて速度が出るように見えないため、表と裏から削ってシャープにしました。


 前部の魚雷発射管のくぼみを埋め、後部の船室も長良と形が違うため今回はプラ板でそっくり作り替え、船体の基本形までできました。次は艦橋や煙突など製作を始めます。
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ