私設工房の作業日誌です。主に船を作っています。

アオシマ1/700戦艦「扶桑」(1944)の製作(3)
 製作が完了しました。
  

 扶桑という日本の別名が付けられたこの戦艦は、大正6(1917)年の建造当時は世界最大最強の戦艦であり、その後の日本戦艦の技術発展にも大きな寄与を果たしました。太平洋戦争当時は速度が遅く旧式化していたため、姉妹艦の山城と共に日本の内海で練習艦的な役割を果たしていました。昭和19年10月のレイテ沖海戦で西村艦隊の主力艦としてレイテ湾内に突入を図るものの、待ち構えていた米艦隊の集中攻撃を受けて撃沈しました。模型はこの最終状態としています。

 主砲の配置の関係で艦橋の後部を下側に削り込んだ独特の形が特徴です。組立模型を作るのはこれが初めてでしたが、形にしてみるとなかなか堂々とした立派なスタイルです。レイテ沖海戦の生存者の回想記でも、低速旧式艦の先入観を除くと主砲塔6基12門が頼もしく見えたと述べられています。アオシマのキットはちょっと金型の設計の詰めや磨きが足りなくて組むのに少し手こずるところもありましたが、立派にできました。フライホーク社の専用エッチングも効果的です。

 甲板は木の薄皮を敷き詰めています。後部マストは前回の写真のものは寸法を間違えていたので作り直しました。

 写真を撮ってヤフーフォトに追加します。これからは継続の1/350赤城と、1/700は要望がありましたのでアオシマの軽巡大淀を作る予定です。

アオシマ1/700戦艦「扶桑」(1944)の製作(2)
 扶桑は主な部品の製作が終わった所まで進みました。

 今回はフライホーク社の1/700扶桑用エッチングセットを使用しています。砲塔上のエッチングも全てそれですが、増設機銃座が少し幅広で後ろの照準窓をふさぐため、内側で1mmほど切り詰めました。


 艦橋はエッチングの他にも窓などのディテールを追加しました。


 煙突周辺の部品も大半は同社のエッチングセットです。曲げやすくなれにくい、比較的扱い易いエッチングです。


 後部艦橋はマストとデリックの棒のみ真鍮線で作り替え、他はエッチングセットの部品です。


 船体の修正も終わりました。後部の航空機作業甲板の形状が異なっているので修正しました。また甲板を作る関係で甲板上のモールドは一旦全て切り取りました。これから塗装と組み上げに掛かります。

 良いエッチングセットのおかげで早くに大体の形ができたので、扶桑の製作を先に進めます。

アオシマ1/700戦艦「扶桑」(1944)の製作(1)
 1/700はしばらく中小型艦が続いたため、次は戦艦を作ります。



 アオシマの扶桑も非常によくできたキットですが、船尾の航空機作業甲板のレイアウトが同型艦の山城のもので、扶桑は少し異なっていたようです。その関係で甲板上のモールドを一旦全て削り落とします。これらは甲板を作ったあとに作り直して取り付けます。
Copyright © 桜華工房 作業日報. all rights reserved.
まとめ